当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

自然公園等における動植物の保護

 自然公園では、優れた自然の風景地を保護するため、特別保護地区や特別地域が設けられ、動植物の採取等に一定の制限が課せられています。また、絶滅のおそれのある野生動植物の保全について県内全域で法律に基づいた規制があります。
  

「自然公園法」に基づく動植物の採取の禁止/「絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存に関する法律」に基づく動植物の採取の禁止

    国立公園や国定公園の特別保護地区内では全ての動植物の採取等が禁止されており、特別地域内では環境大臣が公園ごとに指定する動植物(動物1種、植物405種)の採取等が禁止されています。
  
特別地域内において採取等が禁止されている動植物の一覧(環境省HP)


   なお、「絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存に関する法律施行令」で指定する国内野生動植物(動物130種、植物78種)の採取等が、国内全域で禁止されています。

国内に生息・生育する希少野生動植物種一覧(環境省HP)

お問い合わせ先

自然公園担当  
 【電話】0857-26-7200、7209