当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.
 夏は、多くの人が海や川に出かけるため、水難事故が多く発生します。そのほとんどが、水の危険性に関する認識、知識が不足していることによるものです。
 平成21年夏期(6月から8月)に海や川で13件(15人)の水難事故が発生し、7人の方の命が犠牲になりました。
 その中で、海水浴中、波にさらわれたり、川で急流にのまれるなどの水難が多くありました。
 また、海水浴場閉鎖後の海岸で遊泳していた方の水難も発生しています。
 まずは、水の怖さを認識した上で、安全に楽しみましょう。

 広報資料(離岸流に注意:PDFファイル:157kb)
  

安全に遊ぶための心掛け

監視員の指示

海水浴場では、監視員などの指示に従いましょう。

遊泳禁止

遊泳禁止場所、波の高い日などは、泳ぐのをひかえましょう。

大人と一緒

子どもだけで海や川に行かせるのは、非常に危険です。

面倒を見ましょう

保護者などの方は、子どもの様子をよく見ましょう。

無理はやめましょう

体調の悪いとき、飲酒しているとき、無理をすると危険です。