当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.
 サーバのメンテナンスのため、9月21日(土) 0時~23日(月)18時の間、とりネットの一部コンテンツがご利用いただけません。詳細は、お知らせをご覧ください。

とっとりEV協力隊

とっとりEV協力隊制度

とっとりEV協力隊制度とは、外部給電(※)が可能なEV・PHV・FCVをお持ちの方にあらかじめ登録していただき、災害による停電時やイベントにおいて給電にご協力いただく制度です。

※車両の駆動用バッテリーに蓄えた電力を家庭用電力として取り出すこと

※外部給電器は県で用意します

 

よくある質問と回答

とっとりEV協力隊制度イメージ

対象車両

外部給電が可能な電気自動車、プラグインハイブリット自動車または燃料電池自動車
 <車両の例>(令和元年7月現在)
メーカー  車両
トヨタ自動車 MIRAI、 プリウスPHV(V2H対応の車両のみ)
日産自動車
LEAF、 LEAFe+、 e-NV200
本田技研工業
クラリティFCV、 クラリティPHEV
三菱自動車 OUTLANDER PHEV、i-MiEV(普通車のみ)
※その他の車両に係る該当性についてはお問合せください。

登録要件

県内に在住する者(県内に所在する法人を含む)であり、かつ、対象車両を使用する者

活動内容

災害による大規模停電が発生した場合の避難所等や、電動車の社会的価値向上の目的で開催されるイベント等において、給電活動を行っていただきます。

補償・報酬

  • 活動中の事故等で、登録者本人がケガをした場合や、他人の生命や身体を害したり、他人の財産を破損などした場合に補償される「ボランティア保険」に加入しています。

※加入費用は県が負担します。

※補償の額・内容等の詳細はお問合せください。

※補償の対象となる活動には、自宅等と活動を行う場所との通常の経路による往復途上を含みます。
※自動車による事故は、登録者自身の負傷等のみが対象となり、対人・対物事故などの賠償責任については対象となりません。(登録者が加入する自動車保険での対応をお願いします。)

  • 登録者の活動は無報酬とし、食費、旅費等の活動に要する費用は自己負担でお願いします。
  • 対象車両が県の責に帰すべき事由により損害を被った場合または滅失した場合は、県が損害を賠償します。
  • 活動終了後、参集および給電に要した電気代相当額をお支払いします。

登録申込みの流れ

(1)登録申し込み

登録申込書に登録を希望する対象車両の自動車検査証の写しを添付して、鳥取県生活環境部環境立県推進課に提出してください。(提出方法:郵送、メール、ファクシミリ、電子申請)

とっとり電子申請サービス(別ウィンドウで開きます)で簡単にお申込みいただけます。

(2)審査

鳥取県生活環境部環境立県推進課において、(1)において提出された資料を審査します。

(3)登録証の交付

登録要件を満たしていることを確認できた場合は登録証を交付します。


登録内容の変更・登録の解除

登録内容の変更

登録申込書の記載内容に変更があった場合は、登録内容変更届出書を鳥取県生活環境部環境立県推進課に提出してください。
なお、登録車両に変更があった場合は、変更後対象車両の自動車検査証の写しの添付が必要です。

登録の解除

登録要件を喪失した場合、または登録の解除を申し出る場合は、登録解除申出書を鳥取県生活環境部環境立県推進課へ提出してください。


要綱・各種様式・リーフレット