警察犬

警察犬とは

  一般に犯罪捜査活動に適するよう訓練育成した犬のことを総称して警察犬と呼んでいます。犬の嗅覚は人間の3,000倍から1億倍ともいわれており、この優れた嗅覚を犯罪捜査や捜索活動に活用しています。

 
 社団法人日本警察犬協会が現在登録している犬種は、シェパード、ドーベルマン、コリー、エアデールテリア、ボクサー、ラブラドールリトリーバー、ゴールデンリトリーバーの7犬種ですが、鳥取県警察では犬種の条件は設けていません。
  

直轄警察犬

 鳥取県警察では、令和4年度から直轄警察犬制度を開始しました。

 直轄警察犬とは、警察で飼育、管理する犬のことを言います。

 現在、直轄警察犬を1頭保有しています。


 初代直轄警察犬

ドリー・オブ・エムツー・フィールド号 (通称ドリー号)
 犬種  ジャーマンシェパード   
 性別       メス 
得意分野   捜索(足跡追及) 
 性格  人懐っこく、甘えんぼ 
好きなこと   ボール遊び 
   a

嘱託警察犬

 嘱託警察犬とは、民間の方が飼育、管理する犬のこと言います。

 鳥取県警察では審査に合格した犬を嘱託警察犬として嘱託し、各種要請に出動していただいています。

  

訓練会の開催

 鳥取県警察では、毎年春と秋に嘱託警察犬を対象とした訓練会を行っています。この訓練会は、嘱託警察犬として活動している犬の実力を確認する機会になりますが、今後、嘱託警察犬を目指す犬やその指導手の方も参加いただけます。

 令和3年は、10月30日に警察学校において訓練会を開催し、警察犬10頭、指導手5名が参加しました。

 (※本年の開催につきましては、新型コロナウイルス感染状況を勘案した上、日時、場所等の詳細を掲載します。)

  

嘱託警察犬等審査会の開催

 毎年11月頃、嘱託警察犬等審査会を開催しています。審査は、服従審査、臭気選別審査、足跡追及審査を行い、その結果を踏まえ、合格基準に達した犬と指導手には鳥取県警察嘱託警察犬等嘱託書を交付し、翌年の嘱託警察犬及び嘱託警察犬指導手として活動していただきます。

 審査会の受審には、審査申請書などの提出が必要です。本年の審査会は詳細が決まり次第、当ホームページ等を通じてお知らせします。

 

【令和3年鳥取県警察嘱託警察犬等審査会の開催結果】

1 開催日 令和3年11月11日(木)

2 申請者等 申請指導手5人、申請犬9頭(新規申請犬2頭)

3 審査内容 服従審査、臭気選別審査、足跡追及審査
【審査項目】
〇服従審査:脚側行進(きゃくそくこうしん)、停座(ていざ)、伏臥(ふくが)、立止(りっし)、招呼(しょうこ)、物品持来(ぶっぴんじらい)、障害飛越(しょうがいひえつ)などで、指導手との信頼関係や服従度合いを審査するものです。
〇臭気選別審査:臭気選別台に置かれた5枚の臭気布の中から正解の臭気布を選別する審査です。また臭気布の中に正解を含まない「ゼロ回答」という審査もあり、この場合は、何も選ばないのが正解です。
〇足跡追及審査:仮想犯人の歩行経路を追及するとともに、その経路で遺留物を発見させる審査です。

4 審査結果

 令和3年の嘱託警察犬審査会は、新型コロナウイルス感染防止に配慮して新規申請の候補犬のみの実地審査を行いました。継続申請の候補犬及び指導手候補者は、平素の活動状況や訓練会の結果を踏まえ、申請書類による選考としました。実地審査等の結果、新規2頭を含む警察犬9頭と指導手5人を令和4年の嘱託警察犬及び同指導手として嘱託することが決定しました。

 

    

  

令和4年鳥取県警察嘱託警察犬等嘱託書交付式

  令和3年12月21日、警察本部において令和4年鳥取県警察嘱託警察犬等嘱託書交付式を開催しました。    
  令和4年の鳥取県警察嘱託警察犬は9頭、同指導手は5人であり、所有者代表及び指導手代表に警察本部長から嘱託書を交付しました。

  

警察犬に関する問い合わせ先

電話 0857-23-0110
鳥取県警察本部刑事部鑑識課
(夜間・休日は警察本部一般当直)
  

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000