道路交通法改正による運転中のスマホ等使用の罰則強化について

運転中のスマートフォン・携帯電話等使用の危険性

 スマートフォンや携帯電話は、通話機能に加え、インターネット、メール、ゲーム等ができて、私たちの生活に欠かすことのできない大変便利な機能を持つものになっています。

 一方、運転中にスマートフォン等の画面を注視していたことに起因する交通事故が全国的に増加傾向にあり、いわゆる運転中の「ながらスマホ」が社会問題となっています。

 運転しながらのスマートフォン等の注視・通話やカーナビゲーション装置等の注視は、画面に意識が集中してしまい、周囲の危険を発見することができず、歩行者や他の車に衝突するなど、重大な交通事故につながり得る極めて危険な行為ですので、絶対にやめましょう。

携帯電話使用等に関する罰則 4411KB

  

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000