当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

鳥取県の防災、災害時の情報ポータルサイト

災害等発生情報

過去の災害情報





警戒レベルとは

住民の皆さんに現在の危険度を5段階の数字で理解していただくため、気象台が発表する情報の一部と、市町村が発令する避難に関する情報(避難勧告など)に「警戒レベル」が表示されます。

「警戒レベル」は数字で示され、危険度が最も低い「警戒レベル1」から、最も高い「警戒レベル5」までの5段階があります。

特に重要なのが、避難に時間がかかる高齢者等が避難を始める目安となる「警戒レベル3」と、全員が避難を開始する「警戒レベル4」です。

これらの情報は、報道機関や行政から様々な方法で住民の皆さんに呼びかけられます。常日頃から気象情報には気を配っていただくとともに、「警戒レベル」が発表された際には、以下に示す「どんな行動をとればいい?」を参考にして、決して逃げ遅れて被災することのないよう適切な避難行動などをとってください。

また、最も高い「警戒レベル5」は、すでに災害が発生した状態を指すものです。「警戒レベル5」を待つことなく、早め早めに避難行動をとりましょう。

  

警戒レベル1

【どんなときに発令される?】

気象庁が発表する「早期注意情報(警報級の可能性)」で、気象警報の可能性が「中」または「高」とされたときに「警戒レベル1」となります。

 

【どんな行動をとればいい?】

もしもに備えて、災害への心構えを高めましょう。

(例:防災気象情報等の最新情報に注意する、非常持ち出しする物の確認 など)

警戒レベル2

【どんなときに発令される?】

気象台から、大雨注意報または洪水注意報が発表されると、「警戒レベル2」となります。

 

【どんな行動をとればいい?】

避難するときにどのような行動をとればよいか確認しておきましょう。

  • ハザードマップなどで災害リスク(今いるところが浸水するおそれがないか、土砂災害が発生するおそれがないかなど)を調べておく
  • 避難場所や、避難の経路、避難するタイミングなどを再確認しておく
  • 避難情報をどのようにして入手するか確認しておく など

警戒レベル3

【どんなときに発令される?】

市町村から「避難準備・高齢者等避難開始」が発令されると「警戒レベル3」になります。

 

【どんな行動をとればいい?】

  • 避難に時間がかかる人、避難する際に手伝いが必要な人は、安全な場所(市町村から避難先として示された避難所など)への避難を始めましょう。
  • その他の人は、避難の準備をはじめましょう。今いる場所の災害リスクや、気象状況の様子を考慮して、「避難勧告」が発令される前に自主的に避難することも選択肢の一つです。

警戒レベル4(全員避難)

【どんなときに発令される?】

  • 市町村から「避難勧告」が発令されると「警戒レベル4」になります。 対象となる地域にいる人すべてに避難を呼びかける情報です。
  • 状況が悪化した場合など、市町村から「避難指示(緊急)」が発令されることがあります(必ず発令されるとは限りません)。この場合も「警戒レベル4」となります。

 

【どんな行動をとればいい?】

  • 市町村から示された避難所などへ避難することを基本とした避難行動をとりましょう。
  • 避難所へ行くこと自体がすでに危険な状態(例えば、暗い夜道を歩く必要がある場合や、すでに避難ルートが浸水している場合など)だと判断したときは、次善の策として、今安全に移動できる範囲で、より安全な場所に緊急避難しましょう。(例えば、近隣の安全な建物や、自宅なら高い階など)
  • 「安全な場所」とは、今いる場所の災害リスクや、気象状況などの条件によって変わります。安全に避難できるよう、できるだけ早めの判断をしましょう。

 

【おぼえておこう!】

  • 「警戒レベル4」は、全員に避難を呼びかける情報です。
  • 全部で5段階あるうち、上から2番目に危険なレベルです。
  • あと1段階あると思ってはいけません。比較的安全に避難が可能な段階である「警戒レベル4」で避難行動をとりましょう。

警戒レベル5(最高レベルの危険性)

【どんなときに発令される?】

  • 市町村から「災害発生情報」が発令されると、最も危険度が高い「警戒レベル5」となります。
  • 「災害発生情報」は、実際に災害が発生したときに発令される可能性があります。(災害が発生した時に必ず発令されるとは限りません。)

 

【どんな行動をとればいい?】

  • すでに災害が発生している状況です。あなた自身や、ご家族などの命を守るために最善となる行動をとりましょう。
  • 「最善となる行動」とは、今いる場所や気象状況など、さまざまな条件やタイミングによって異なります。その時点で考えられる範囲で、最も安全と考えられる行動をとりましょう。何より、「警戒レベル5」となるまで決断を先送りすることなく、もっと早い段階で安全に避難しましょう。

警戒レベルの一覧表

「警戒レベル」を表で整理すると次のようになります。

警戒レベル 警戒レベルのもととなる情報  発表 住民がとるべき行動 

レベル5

(最大級の危険性)

 災害発生情報 市町村  すでに災害が発生している状況であり、命を守るための最善の行動をとる。

レベル4

(全員避難)

避難指示(緊急)

避難勧告

 市町村 ・指定緊急避難場所等への立退き避難を基本とする避難行動をとる。
・災害が発生するおそれが極めて高い状況等となっており、緊急に避難する。
レベル3 避難準備・高齢者等避難開始  市町村 高齢者等は立退き避難する。その他の者は立退き避難の準備をし、自発的に避難する。
レベル2 大雨注意報、洪水注意報  気象台 避難に備え自らの避難行動を確認する。
レベル1  早期注意情報(警報級の可能性)  気象台 災害への心構えを高める。

  

警戒レベル相当情報とは

従来から気象台や行政から発表され、避難の判断などに用いられていた気象情報、防災情報についても、「警戒レベル」と同じように5段階で危険度が整理されました。こちらは「警戒レベル相当情報」といいます。

詳しくは、内閣府(防災情報)のホームページをご覧ください。


もっと詳しく知りたいときは

「警戒レベル」についてもっと詳しく知りたいときは、以下のリンク先をご覧ください。

 

※印刷物として配布された県政だよりの記事に誤記がありました。訂正してお詫びします。(鳥取県ホームページに掲載されているweb版県政だよりは修正済みです)

P8 表の最下行「行動を促す防災気象情報」の記載

(誤) 警戒級の可能性

(正) 警報級の可能性