募集

医療事務に対応できる知識と技術を習得する3か月の訓練です。募集期間は平成29年8月8日(火)から9月1日(金)正午までです。
高齢者の増大かつ多様化するニーズに対応した、適切なホームヘルプサービスを提供するために必要な知識、技能を習得し、介護職員初任者研修課程の取得を目指します。 平成29年7月27日(木)の正午まで延長募集しています。
婚活イベント開催事業補助金の対象事業を募集中です。(平成29年度分事業の企画提案の二次募集締切は8月10日です。)
知的障がいのある方を対象とした7か月間の職業訓練を 本校内で実施します。  ◇募集期間: 7月3日(月)~7月31日(月)
鳥取県除雪機械運転手育成支援事業 平成29年度の募集を開始します
「食のみやこ鳥取県」のさらなる魅力向上のため、鳥取和牛など県産食材を活用した料理イベントを開催します。料理人の皆さま、ぜひご参加ください!
著作権に関する基礎的な理解を深め、もって著作権制度の知識や意識の向上を図ることを目的に、「平成29年度著作権セミナー(鳥取県会場)」を開催します。
県民がプロスポーツに自主的に携わる活動に対して助成することで、県民自らの取組の活発化を促し、もって地域の元気づくりが推進されることを目的に、「鳥取県プロスポーツチームへの県民活動応援モデル事業補助金」を交付します。
本県の豊かな自然を活用し、自然体験活動を行う保育所、幼稚園等を認証する制度を創設しました。 現在、認証に向けた審査中です。
鳥取県では、県内事業者等の物流競争力強化のため、県内企業等が行う物流機能の高度化・効率化などの取組に必要となる経費を補助しています。
造園に携わる県内事業者へ文化財庭園に関する理解の促進を図るとともに、保存修理及び保存管理の技術を有する人材育成の契機とするため、鳥取県文化財庭園技術者講習会を開催します。
第9回鳥取砂丘検定について掲載しました。皆様の挑戦をお待ちしております。【実施日】平成29年10月29日(日)【申込期間】平成29年8月21日(月)~10月6日(金)
 ロシア最大規模の総合産業博覧会「イノプロム2017」ジャパン・パビリオンに鳥取県もブースへ出展します。ついては、本県ブースへの出展を希望される企業を募集しますので、出展を希望される企業は、3月31日まで(パンフレット展示等は4月14日まで)にお申し込みください。
平成29年3月24日(金)午後1時より、鳥取県立図書館で「平成28年度デザインセミナー」を開催します。アメリカでヒットし逆輸入された輪ゴム「アニマルラバーバンド」を世に送り出した、アッシュコンセプト株式会社 代表取締役 名児耶秀美氏に御講演いただきます。ぜひ御参加ください。
鳥取県内の自然公園、長距離自然歩道、鳥獣保護区、自然環境保全地域(以下「自然公園等」という。)において、優れた自然環境を大切に保護し、後世に引き継いでいくために、自然公園等におけるルール・マナーの普及啓発活動や監視活動等に携わっていただける方を「自然保護ボランティア」として募集します。
鳥取県内の自然公園等で活動していただくボランティアを募集しています。            〇平成29年度に予定されている活動行事のスケジュールを掲載しました。(H29.5.22時点)
景気動向指数のほか各種経済指標を収集・分析したレポート『鳥取県の経済動向』平成29年2月号を、PDFファイルで公開します。統計表はMS-Excelファイルでもダウンロードしていただけます。
災害時に職員自らが必要とする非常用食料の斡旋業者を募集します。
平成29年度基幹的情報発信業務に係る受託者を以下のとおり募集します。詳細については実施要領をご覧ください。
平成29年度会員については平成29年1月より募集開始します! 詳しくはリンク先をご覧ください。
※募集は終了しました。 ※29日(土)の会場を変更しました(ガイナックスシアター(米子市末広町311 イオン米子駅前店3階)) 「鳥取県×映画プロジェクト」では、鳥取県が制作する映画の主要キャスト4名のオーディションを開催します。演技経験は不問です。興味のある方はふるってご参加ください。【申込期限】平成28年10月27日(木)午後5時まで
製品設計の高度化・効率化のために欠かせない3次元CADを、はじめて使用される方向けに、基本操作から簡単な図面の作成まで習得していただく研修の受講者を募集しています。
介護人材確保に向けて、特に若い世代の参入を図るとともに、若手職員のモチベーションアップ、定着を図るため、介護の魅力を広く発信するフォーラムを開催します。 ついては、当該事業の実施に当たり、創意工夫により最も効果的に実施できる事業者を選定するためのプロポーザルを行います。
えんトリー(とっとり出会いサポートセンター)では、結婚を希望する男女の一対一のお引合せ(マッチング)の支援をしてくださるボランティア「出会いサポーター」を募集しています。
異なる企業・団体・業種との交流を希望する独身グループ同士をマッチングさせるプロジェクトの参加グループを募集中です。
鳥取砂丘コナン空港を身近な空港として、積極的な利用を宣言していただく応援団「鳥取空港サポートクラブ」の会員を募集しています。
鳥取県では、地域間交流の活性化と国内航空路線の利用促進を図るため、鳥取砂丘コナン空港及び米子鬼太郎空港に就航する定期路線を活用した地域間交流の取組を支援します。 現在、平成28年度中に実施される対象事業の募集を行っています。
鳥取県では2013年11月にタイ工業省との間で中小企業連携推進に係る覚書を締結しました。この覚書に基づく取組みの一環として、このたびタイ工業省と覚書を締結した日本の自治体とタイ工業省が主管するタイ王国政府公益法人お互いフォーラムとが協力して、日本・タイ双方の企業、大学を対象としたビジネスマッチングを促進するためのプラットフォーム「TNB20.16」を立ち上げることになりました。 現在本県では、このプラットフォームを活用し、タイでの事業展開を目指す意欲のある企業を募集しております。
介護職員のほか、家族を介護している方、介護しながら働いている方、地域で介護支援ボランティアを行う方なども、対象です!
本年10月に韓国江原道でGTI関連地域及び企業が参加する第4回GTI国際貿易・投資博覧会が開催されます。この度も博覧会に鳥取県ブースを出展することとし、出展企業を募集します。
4月1日より、とっとり県民活動活性化センター(愛称:てとり)がクラウドファンディングサイト「FAAVO鳥取」の地域オーナーとなりました。
平成25年度の鳥取県市町村民経済計算の推計結果をPDFファイルで公表します。統計表についてはMS-Excelファイルもダウンロードしていただけます。
市町村民経済計算は、国民経済計算及び県民経済計算の概念を市町村域に適用し、市町村での経済活動によって1年間に新たに生み出された価値(付加価値)を金額で評価したものです。
鳥取県では、県外からの移住を加速化し、民間企業の皆様にも新たな顧客獲得につなげていくための「とっとり移住応援メンバーズカード」制度の創設に向けて準備を進めています。 企業の皆様におかれましては、是非とも制度趣(平成28年度予定)旨にご賛同いただき、移住前後に利用が見込まれる商品・サービス等の優待についてご検討のうえ、登録いただきますようお願いします。
3月25日に布勢陸上競技場で小学4~6年生を対象に開催します。 種目は100mのみ、先着50名ですのでお早めにお申し込みください。
鳥取県の豊かな自然環境で生産された有機(オーガニック)農産物や特別栽培農産物の良さを積極的にPRしていただく事業者の皆様を、とっとり「有機・特栽」推進サポーターとして登録し、 その取組みをPRすることで、安心・安全な県産品のイメージを発信する制度を創設しました。
平成27年6月3日に設立された県東部地区の自転車愛好家組織「とっとりサイクルツーリズムの会(略称TCT)」では、一緒に活動していただける方を募集しています。
県産農林水産物を使用した加工品の開発、販路開拓を支援する事業です。
平成27年度BSSラジオ「食のみやこ鳥取探検隊が行く」出演者を募集しています。
平成27年度鳥取力創造運動支援補助金及びみんなですすめる!鳥取力支援事業補助金の交付要綱、募集要項等を掲載するとともに、募集を開始しました!
鳥取県森林環境保全税を活用した、広く県民の皆さまに森林づくりへの参加を促す森林体験や森林環境教育活動などについて、平成27年度に取り組む企画を募集します。
鳥取県が策定した業種別BCPモデルを活用し、集合形式で短期集中的にBCPを策定いただけるワークショップを開催します。
住民団体、NPO等の多様な主体が、自発的に地域を良くしていこうとする活動を支援する「鳥取力創造運動支援補助金」の3次募集を開始します。 26年度の募集は、今回の3次募集(募集期間:9月1日~9月22日)で最後となりますので、ご留意ください。
「栽培・料理・共食」の実践に繋がる食育活動を表彰します。自薦他薦は問いません。募集期間は9月11日(木)まで。
統計にまつわるコラム「統計百景」の第15回を掲載します。今回のタイトルは「ハイブリッド車の普及に注目」。全国消費実態調査のデータから見るハイブリッド車の普及状況は?
野生動物の巣箱作成を通じて、県内の児童・生徒の生物多様性に対する理解と関心を深め、地域の生物多様性及び自然環境の保全に係る意欲の増進を図ることを目的としてコンクールを開催します。多数の御応募をお待ちしております。
このたび、日野郡広域交流促進協議会において、日野郡への観光客誘致と旅行商品造成を目的に県外旅行会社と連携してモニターツアーを計画しました。その際、ツアー参加者の満足度向上と日野郡の活性化のため、日野郡産品を一堂に集めて販売します。ついては、日野郡産品の出店者を募集します。