運動部活動の推進・スポーツ指導の適正化

平成26年度運動部活動推進事業に係る外部指導者の報告書について

該当の学校等に通知している標記の件につきまして、
報告書の記載例を以下に掲載しますのでご参考願います。
(県立学校・附属中学校と公立中学校とは様式が異なりますのでご注意ください)

県立学校・附属中学校

【2-1】事業報告書(Word38KB)   【2-1】 (注意事項記載)(PDF76KB)
【2-2】実績報告書(Word205KB) 【2-2】 (注意事項記載)(PDF79KB)

公立(市町村・学校組合)中学校

【2-1】事業報告書(Word38KB)   【2-1】 (注意事項記載)(PDF76KB)
【2-2】実績報告書(Word129KB) 【2-2】 (注意事項記載)(PDF79KB)

高等学校運動部の「お家芸」認定をしました!

1 高等学校「お家芸」認定について

  全国大会等で活躍が期待できる競技ごとに当該高等学校の「お家芸」として認定し、
  当該競技の練習環境等の整備充実等を図り、本県のお家芸競技として継続的な活躍に
  資することを目的として本年度から実施しました。
  (申請のあったすべてを認定しました)
  ※参照資料『高等学校運動部「お家芸」認定事業実施要項』(PDF52KB)

2 「お家芸」として認定した部活動

   認定高等学校・部活動一覧 (PDF68KB)

子どものスポーツ活動ガイドラインの策定

県教育委員会では、子どものスポーツ活動の適正化を目的とした「子どものスポーツ活動ガイドライン」を策定しました。

冊子(PDF2.4MB)

リーフレット (PDF2.1MB)

外部指導者の派遣

 

県教育委員会では、国立・公立中学校、及び県立学校の運動部に外部指導者を派遣します。
 中学・高等学校における運動部活動は、体力や運動技能の向上のみならず、協調性や忍耐力などの人格形成にも影響を与える教育活動と考えています。
 地域の優秀な人材を派遣することにより、より魅力ある運動部活動を推進していきます。

外部指導者の活動数

 県立学校: 85 名
 中学校: 66 名
   (平成26年5月7日現在)
 

外部指導者の委嘱期間

 県教育委員会並びに市町村教育委員会が定める委嘱日から翌年3月31日までの期間