当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

水の事故を防止するために

海や川、プールなどの水辺では、ちょっとした不注意が命取りとなることがあります。

昨年は、県内で8件の水難事故が発生し、3人の方が亡くなっています。

水の事故を防ぐため、次のことに気をつけましょう。

○ 海水浴場やプールでは、監視員等の指示に従いましょう。

○ 遊泳禁止区域や遊泳禁止の表示がある場所では泳がないようにしましょう。

○ 子どもだけで海水浴や川遊びに行かせないようにしましょう。

○ 保護者や引率者は、子どもから目を離さないようにしましょう。

○ 体調の悪いときは、遊泳しないようにしましょう。

○ 海や川で釣りをするときは、安全のためライフジャケットを着用しましょう。

 水難事故統計

 警察庁ホームページ「平成30年における水難の状況」