若桜橋の渡り初め 昭和9年 若桜町若桜





  
若桜橋は、幕末から昭和20年迄の優れた建造物を指定する「土木学会選奨土木遺産」に平成16年度に選ばれた八東川に架かる橋梁である。県内では14年度に選ばれた智頭町芦津の三滝ダムに続いて2件目である。当時は、「白亜のモダン橋」や「モダンなアーチ型の白橋」と称され町の新たな名所となった。

施工は当時の八頭郡賀茂村の井口吉蔵氏が請負い、昭和8年9月20日に着工し45,000円の工費を費やして、橋長83.0m幅員5.5mの鉄筋コンクリート造・3連・無ヒンジアーチ橋が完成した。竣工式は昭和9年7月31日に行われ、式には県知事をはじめ県の各関係者、地元町長、地元小学校生徒等が参列した。尚、当日地元若桜町では全戸国旗を掲揚しこの竣工を祝福した。


最後に本ページの担当課    鳥取県 県土整備部技術企画課
    住所  〒680-8570
             鳥取県鳥取市東町1丁目220
    電話  0857-26-74070857-26-7407    
    ファクシミリ  0857-26-8189
    E-mail  gijutsukikaku@pref.tottori.jp