鳥取県土木防災・砂防ボランティア協会

概要

災害発生時に迅速、確実かつ効果的に土木施設の災害復旧を図り、被災情報の通報、被害拡大防止のための助言等の支援活動を行なうため、平成13年度に県土木系職員のOB等による「鳥取県土木防災ボランティア」を創設しました。
平成24年6月、土木防災ボランティアと類似した活動を行ってきた「砂防ボランティア」と統合し設立され、県土木系職員のOB等で組織され、危険箇所・公共土木施設の点検や防災に関する普及啓発活動など、防災・減災に寄与する活動を行っています。
詳しくはこちらをクリック→ PDFファイル(373KB)

登録者数

東部地区:50名

中部地区:26名

西部地区:21名  
          計: 97名(平成28年6月30日現在)

活動内容

公共土木施設、市街地等の被災状況の報告や道路交通の状況報告の他に、災害発生時から災害査定までの短期間に集中する業務について、実務経験豊富なOB等の協力を得ることにより、迅速な対応を図るとともに、通常時においても公共土木施設に係る知識を活用し、災害を未然に防ぐ対策を講じるよう、平成21年度から被災後の活動に加え、災害予防・被災前後の活動を展開しています。
また、小・中学生、高齢者、災害時要援護者施設などでの防災教育を通じた活動によって土木系技術者と地域の繋がりを強化していくほか、災害を未然に防ぐための活動に取り組んでいます。

■防災・減災に寄与する普及啓発活動 
○次世代の防災活動の中心を担う小中学生を対象とした防災教育
○自然災害による死者の多くの割合を占める高齢者を対象とした普及啓発活動
○早期避難が必要な災害時要援護者施設への普及啓発活動
○災害時の避難活動の基礎となる地域自治会への普及啓発活動 等
■公共土木施設等の点検
○河川堤防点検(出水期前)
○土砂災害危険箇所点検(土砂災害防止月間)
○砂防施設点検
○被災現場における調査方法や復旧計画の指導
○災害査定にあたっての技術助言
○橋りょう点検 

活動の記録

鳥取県土木防災・砂防ボランティア協会の活動の充実と認知度向上を図るため、活動状況をまとめた情報誌『鳥取県土木防災・砂防ボランティア通信』を発行しています。
  

最後に本ページの担当課    鳥取県 県土整備部技術企画課
    住所  〒680-8570
             鳥取県鳥取市東町1丁目220
    電話  0857-26-74070857-26-7407    
    ファクシミリ  0857-26-8189
    E-mail  gijutsukikaku@pref.tottori.lg.jp