動物の愛護と管理

  

~鳥取県中部を震源とする地震により、 被災されたペットの飼い主の皆様へ~

犬

 鳥取県中部の動物病院は通常の診療を行っております。ペットの体調が心配な方、どうしても犬猫の一時預かりが必要な方などお困りの方がおられましたら、お近くの動物病院がご相談に応じます。▼鳥取県獣医師会▼  

 

災害時に備えてください!

この他にも一般県民向けの配付資料を作成しています。こちらをご覧ください。
各事務所等でも配付していますので、配付に御協力いただける方は各事務所にご連絡ください。ペット災害対策リーフレット

猫の不妊去勢手術の助成事業のご紹介

  飼い主のいない子猫が毎年数多く収容されます。不幸な命がまだなくならないのが現状です。不妊去勢手術は不幸な命が生み出されない手段の一つです。鳥取県内の各市町では、猫の不妊去勢手術に対して助成をしておりますのでご紹介します。(平成28年11月現在3市6町が実施)
また、飼い猫の不妊去勢手術に対する助成を鳥取県獣医師会が実施しております。詳細はこちらへ。  猫の不妊去勢手術の助成事業のご紹介

譲渡ボランティア募集中です

保健所から保護した犬・猫を譲受け、新しい飼い主へ責任を持って譲渡するボランティアです。

譲渡ボランティア制度について

新しい飼い主を待っている犬、猫が大勢待っています

 平成27年度の猫の収容数(所有者有り、所有者不明、保護)は871頭でした。そのうち所有者に返還及び新しい飼い主に譲渡した頭数は109頭でした。譲渡・返還率は12.5%と平成26年度6.7%と比較すると向上しておりますが、依然として処分されているのが現状です。
 猫・犬を飼いたいと希望される方がおられましたら、ぜひ保護された猫・犬も選択肢の一つに入れてください。かわいい子猫をはじめ、成猫・成犬が新しい飼い主を首を長くして待っております。
 ※飼い主の責任として、望まない繁殖を制限するために不妊去勢手術を実施してください。
 こちらのページに以下の譲渡情報が掲載されています。  
 ○人と動物の未来センター「アミティエ」からの譲渡
 ○譲渡ボランティア預かりの譲渡
 ○保健所での譲渡猫の家
 ○県民による直接譲渡
 

ホームページ上での飼養犬猫の譲渡、犬猫の捜索及び保護の取り組みに係る支援

このたび、県のインターネット上で県民が飼養、保護等にしている動物について情報提供をすることとしました。
飼養犬猫の譲渡情報(飼い主からの直接譲渡)  ペットを保護しています、捜しています

成犬・成猫の譲渡のススメ

 siro2 初めて犬・猫を飼おうとお考えの皆様。まず、こちらをご一読いただき、「成犬・成猫」という選択肢もご検討ください。

  成犬・成猫のススメ
 
 下の方に、保護犬「シロ」をアミティエから譲り受けられた方のお話も掲載しております。ぜひご覧ください。
  

リンク

お問合せ先

※野生動物は緑豊かな自然課の担当となります。

区分

連絡先

東部地区

東部生活環境事務所 鳥取市立川町6丁目176
【電話】0857-20-3676【ファクシミリ】0857-20-2103

中部地区

中部総合事務所生活環境局 倉吉市東巌城町2
【電話】0858-23-3149【ファクシミリ】0858-23-3266

西部地区

西部総合事務所生活環境局 米子市糀町1丁目160
 【電話】0859-31-9320【ファクシミリ】0859-31-9333

県庁

くらしの安心推進課くらしの安全担当 鳥取市東町1丁目220
【電話】0857-26-7877【ファクシミリ】0857-26-8171

動物愛護
センター
 公益財団法人動物臨床医学研究所 人と動物の未来センター“アミティエ”
【電話】0858-26-0851【ファクシミリ】0858-26-2158