鳥取県動物愛護管理推進計画

 鳥取県では、動物の愛護及び管理に関する法律(昭和48年法律第105号)第6条第1項に基づき、動物の愛護管理に関する基本的な方針及び動物の適正な飼養・保管を図る施策を推進するため、平成20年度に鳥取県動物愛護管理推進計画(第一次)を策定しました。
 このたび平成24年9月の動物愛護管理法改正や平成25年9月の国基本指針の改正等を踏まえ、有識者による会議、県民の皆様からの意見募集等を行い、平成26年3月に第二次計画を策定しました。

総論

1 動物の愛護及び管理に関する基本的な考え方

「動物愛護の推進」及び「動物の適正飼養の推進」を2つの柱とし、人と動物との調和のとれた共生社会を目指し、致死処分ゼロを究極の目標とする施策を展開していきます。

2 計画の趣旨

  • 本県における動物の愛護及び管理の推進に向けて、県・市町村・関係機関・県民の取組みの今後の目標及び具体的方策を明確にし、共通意識をもって相互に連携していくための指針
  • 野生動物については対象外

3 計画期間

  • 平成26年度~平成35年度までの10年間

4 計画の基本方針

  1.  動物愛護の推進
  2.  動物の適正飼養の推進

関係者の役割

動物取扱業の登録(届出)、監視指導、動物愛護管理に関する普及啓発、犬及び猫の引取り、負傷動物の収容、引取りや収容した動物の返還・譲渡、動物に起因する苦情・相談対応、災害時対策、関係者間の調整

市町村

犬の登録、動物愛護管理に関する普及啓発、災害時の避難所における対策

獣医師会

専門的知見に基づく助言、動物の繁殖制限措置、所有明示などの適正飼養や動物の感染症対策等についての普及啓発、虐待の疑いのある動物発見時の通報

動物愛護団体、ボランティア

飼養者に対する適正飼養などの動物愛護管理に関する普及啓発、譲渡のあっせん、災害時における動物の避難・保護等に関する施策への協力

動物取扱業者

施設の適正な維持管理、動物の適正な取扱い、購入者・譲受者への動物飼養に関する重要事項の説明、取引状況の記録・保存  

学校等教育機関

学校等飼養動物の適正な飼養管理、児童又は生徒に対する動物愛護教育

動物の飼養者(飼い主)

動物の生態、習性、生理に応じた生涯にわたる適正な飼養、動物の所有明示、しつけ、災害時に備えた餌等の備蓄

県民

人と動物が共生する社会築く努力

 

施策別の取り組み

1 動物愛護精神の普及啓発

  1. 動物愛護週間イベントの開催 
  2. 学校等における啓発活動
  3. 動物愛護の普及啓発

2 動物の収容・引取り数削減の取組み

  1. 終生飼養及び繁殖制限措置の指導 
  2. 逸走防止の周知
  3. 動物購入時の周知
  4. 飼養者のいない猫対策 

3 動物の返還・譲渡促進の取組み

  1. 返還・譲渡の促進 
  2. 動物愛護団体と連携した譲渡等の推進
  3. 所有者明示の推進

4 災害時の対策

  1. 災害時における動物の救護対策ガイドラインの作成 
  2. 飼養動物の所有者への周知

5 動物の適正飼養の指導・啓発

  1. 動物適正飼養講習会の開催 
  2. 学校等での適正飼養
  3. 特定動物飼養者への立入指導
  4. 遺棄・虐待防止の指導・啓発
  5. 関係団体と連携した普及啓発

6 動物取扱業者の監視指導

  1. 動物愛護管理法の遵守による動物取扱業者の水準向上
  2. 県民による通報体制の充実

7 実験動物及び産業動物の適正な取扱いの推進

  1. 実験動物取扱い施設への周知
  2. 産業動物飼育施設への周知

8 計画の具体的な目標(平成35年度)

  1. 収容・引取り数 犬200頭、猫600頭 (平成24年度:犬368頭、猫1,191頭)
  2. 返還・譲渡率 犬70%、猫15% (平成24年度:犬47%、猫2%)
  3. 到死処分数 犬60頭、猫500頭 (平成24年度:犬195頭、猫1,165頭)
  

内容

鳥取県動物愛護推進計画は、以下からダウンロードしてください。

アドビリーダのダウンロード

 

お問い合わせ先

くらしの安心推進課くらしの安全担当
【電話】0857-26-7877【ファクシミリ】0857-26-8171