障害児通所支援等の提供、指定申請等

 県では、障がい児が利用する児童発達支援、放課後等デイサービス、障害児入所施設等に係る事業所の指定を行っています。
 また、障がい児が利用する障害児通所支援事業所等の運営について、給付等の支援を行っています。
  

児童発達支援、放課後等デイサービス、障害児入所施設等の指定の申請、変更届、業務管理体制届出

児童発達支援、放課後等デイサービス、障害児入所施設等の事業に係る申請、変更届等をされる場合は、以下の様式をご利用ください。

1 申請、変更届
 児童発達支援、放課後等デイサービス、障害児入所施設等に係る指定申請、変更届等様式(excel)

※障害児入所施設に係る参考様式6についてはこちらをご利用ください。(excel)
2 業務管理体制の届出

 ・体制等状況一覧(加算等の届出、変更)(excel)

 ・業務管理体制届出様式(word)

 ・障害福祉サービス・障害児施設等の事業者のみなさまへ(リーフレット)(PDF)
 
 ・障害者(児)施設・事業者の業務管理体制の整備に関する事項の届出について(PDF)

 ・業務管理体制届出関係Q&A(PDF)

申請先、問合せ先

○入所施設について
子ども発達支援課 施設担当
〒680-8570 鳥取市東町1丁目220
電話:0857-26-7151

○通所支援事業所について

  • 東部圏域
東部福祉保健事務所 福祉企画課 指導支援係
〒680-0901 鳥取市江津730
電話:0857‐22-5164
  • 中部圏域
中部総合事務所福祉保健局 地域福祉支援課 指導支援担当
〒682-0802 倉吉市東巌城町2
電話:0858-23-3120
  • 西部圏域
西部総合事務所福祉保健局 福祉企画課 指導支援担当
〒683-0802 米子市東福原1丁目1-45
電話:0859-31-9314

障害児入所施設等への入所等の決定

 次の施設のうち、入所施設の利用に係る支給決定については児童相談所が、通所施設(児童発達支援センター、医療型児童発達支援等)の利用に係る支給決定については、各市町村が行っています。

福祉型障害児入所施設

  • 県立皆成学園(定員65人・倉吉市)
  • (社福)あすなろ会松の聖母学園(定員20人・鳥取市)

医療型障害児入所施設

  • 県立総合療育センター(定員50人・米子市)

指定医療機関

  • (独)国立病院機構鳥取医療センター(定員160人・鳥取市)

児童発達支援センター

  • 鳥取市立若草学園(定員30人・鳥取市)
  • 倉吉東こどもの発達デイサービスセンター(定員8人・倉吉市)
  • 米子市立あかしや(定負30人・米子市)
  • NPO法人陽なた(定員10人・境港市)

医療型児童発達支援センター

  • 県立鳥取療育園(定員40人・鳥取市)
  • 県立中部療育園(定員10人・倉吉市)
  • 県立総合療育センター(定員30人・米子市)

県立障害児施設第三者評価受審事業

 県立障がい児施設で、サービスの提供状況や人員・設備の体制などについて国のガイドラインに基づいた第三者評価を受審し、評価結果を基に業務を見直してよりよいサービス提供につなげるとともに、民間施設の第三者評価受審の促進を図っています。

受審の予定・実績

29年度受審対象(予定)

  • 中部療育園
  • 総合療育センター

28年度受審対象

  • 鳥取療育園
医療型児童発達支援センター「キラリ」評価結果(PDF:570KB)
児童発達支援「エルマー」評価結果(PDF:515KB)
  • 皆成学園 
評価結果公表ガイドライン(PDF:227KB)
入所施設評価結果(PDF:1119KB)
児童発達支援評価結果(PDF:388KB) 

27年度受審対象

  • 中部療育園
評価結果(PDF:1001KB)
  • 総合療育センター
評価結果(PDF:1317KB)

障害児入所給付、障害児通所給付

 障がい児の保護者が障がい児入所・通所施設と契約を締結し、サービスの提供を受けた際に掛かる経費の一部及び県が障がい児を障がい児入所施設に措置入所させるためにかかる経費について、児童福祉法に基づき障がい児入所・通所施設に対し支給しています。(障害児入所給付費については県が、障害児通所給付費については市町村が支給しています。)

問い合わせ先

 子ども発達支援課   電話 0857-26-7865