親切な交通事故対応に対するお礼(R6.4)

岡山県倉敷市 男性

 琴浦大山署員は、男性から「雪道でタイヤを側溝に落とし動けない。」との通報を受け臨場しました。現場には、大雪の中、身体の不自由な男性がおり、レッカー業者が忙しく来てくれる目途も立たないと話しました。署員は、男性が県外者で夜間山道でレッカー到着を待つのは危険と判断しスコップで側溝に雪を入れてタイヤの下に台を敷き車両を脱出させ、安全な場所まで車両を誘導後男性は無事帰宅することができました。後日男性が警察署を訪れ「事故では警察官にお世話になりました。あの日は大雪の中、夜まで対応してくださり、本当に助かりました。雪が溶けたこの時期にお礼に来ました。」と感謝の言葉をいただきました。

能登半島地震での災害警備活動に対するお礼(R6.1)

北海道札幌市 男性

 鳥取県広域緊急援助隊は、能登半島地震発生に伴い、石川県に出動し、行方不明者の捜索などの災害警備活動に従事しました。帰県後、活動状況を紹介するニュース番組を視聴された北海道居住の方から「鳥取県警の方が頑張っているニュースを見て感動しました。特に小隊長が目を輝かせ自分の言葉で述べておられましたことに久々に心が熱くなりました。隊員を労ってあげてください。」と激励の言葉を電話でいただきました。

園児への職場見学に対するお礼(R5.12)

幼稚園園長・園児

 機動隊では、地区住民との交流、業務紹介を目的に園児を隊舎に招き、職場見学会を開催しました。見学会は、園児にも分かり易いように機動隊の業務説明、装備資機材の展示、特殊車両の乗車体験等を行い、子ども用防災服の試着、広報資料の配布を行いました。また、当日来訪できなかった園児のため、幼稚園を訪問し、同様の取り組みを実施しました。見学会終了後、園児から「警察はかっこいい。また機動隊に行きたい。大きくなったら警察官になりたい。」等との反響があり、園長から「隊員の方々がとても親切で楽しく接してくれて、園児達は喜んでいました。」と感謝の言葉をいただきました。


特殊詐欺・交通安全講習に対するお礼(R5.11)

地区担当者 

 琴浦大山署では、隣接する駐在所が連携し、地区住民へ交通安全、特殊詐欺講習を行いました。交通安全講習では、管内の交通情勢、薄暮時の早期点灯や反射材利用について、特殊詐欺講習では、手口や予防方法を寸劇を用いて説明しました。また、クイズを用いた説明や参加者からの質疑に解説するなど、参加者の理解を深める工夫をしました。講習終了後、地区担当者から「分かり易い講習で楽しかったと好評でした。」旨、感謝の言葉を電話でいただきました。 

丁寧な遺族対応に対するお礼(R5.9)

県西部 女性

 米子署刑事第一課員は、高齢男性を亡くされた御遺族への対応について、御遺族から「職員の方が多数・整列の上見送っていただいた。」旨の感謝の葉書をいただきました。


台風に伴う地域活動に対するお礼(R5.8)

鳥取市 男性

 鳥取署駐在所員は、台風接近時、避難所として開設されている公民館へ立ち寄った際、担当職員とともに飲料等の重量物の運搬や体調不良者のための簡易ベッドの組立て等を行いました。後日、住民代表から「台風避難では本当にお世話になりました。避難者も駐在さんの姿を見て安心したと思います。」などと感謝の言葉をいただきました。 

迷子の対応に対するお礼(R5.7)

米子市 女性

 米子署夜見駐在所員はパトロール中、雨が降る中、女児がパトカーに手を振るのを認め、パトカーを止めて話しかけたところ、同女児は「帰り道が分からない。」と泣きながら話しました。同女児を落ち着かせ、住所等を聴取しても答えることができませんでしたが、キッズケータイを所持していたことから、同ケータイで女児の母親に連絡しました。母親は「すぐにそこに行くことができません。家に祖父がいるので送ってもらえませんか。」と話したことから、同女児に「ママときちんとお話ししたからね。家に帰ろうね。」と優しく声を掛け、広報用絆創膏を手渡し、自宅搬送の上、家人に引き渡しました。後刻、母親から「娘を助けていただきありがとうございました。娘は貰った絆創膏を嬉しそうに自慢していました。」との感謝のEメールをいただきました。

来訪した園児の対応に対するお礼(R5.5)

幼稚園園長

 境港署境港駅前交番勤務員は、園外活動で散策中に交番を訪れた幼稚園園児を笑顔で迎え、交番の役割や資機材の説明を行い、その後、交通安全指導、パトカーの乗車体験など、園児の目線で誠実に対応しました。その後、警察署に幼稚園園長から電話で「約束もしていなかったのに、駅前交番のおまわりさんに、パトカーを見せてもらったり、園児達の質問にも丁寧に答えてもらいありがとうございました。園児達もとても喜んでいました。」と感謝の言葉をいただきました。

イベント参加に対するお礼(R5.4)

イベント関係者

 鳥取署員、交通機動隊員は、鳥取市内で開催されたイベントにパトカーと白バイを展示し、乗車体験に加えて、道交法改正に伴う自転車ヘルメット着用の広報などを行いました。同イベントは、若手警察官を中心に実施され、乗車体験に長蛇の列ができるなど大盛況となり、多くの方に警察活動、防犯指導等の各種広報を行うことができました。後日、鳥取署に主催関係者からの「警察の方には、多くの来場者に御対応いただきありがとうございました。おかげさまで予想を大きく上回る来場をいただきました。」と感謝の言葉が直筆で綴られた礼状をいただきました。 


スタック車両対応に対するお礼(R5.1)

大阪府堺市 男性

 智頭署駐在所員は、パトロール中、車線にはみ出して停車しているトラックを発見しました。駐在所員が運転者に声掛けをしたところ「雪でスタックしてしまいました。」と話したため運転者に「除雪を手伝います。」と申し出て、車載スコップで除雪しましたが動かず、警察署に交通整理要員の要請を行い、応援員とともに除雪を試みましたが動かなかったため、レッカー作業終了まで交通整理を行い事故防止に努めました。後日、同運転者から電子メールで「スリップして積雪に突っ込みスタックしたところを警察官が応援に来てトラックを押してくれました。とてもありがたかったです。」と感謝のメールをいただきました。
  

鳥取県警察への励ましの声と職員の活躍

鳥取県警察に寄せられた皆さんからの応援・感謝のメッセージや、職員の活躍を紹介します。
  

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000