鳥取県警察への励ましの声と職員の活躍

 鳥取県警察に寄せられた皆さんからの応援・感謝のメッセージや、職員の活躍を紹介します。
  

励ましの声・職員の活躍の紹介

  

警察官の対応に対するお礼(H30.11)

鳥取市男性

 鳥取市内での人身事故で、事故のショックのため立ち上がることができなくなった当事者に女性警察官が付き添い、救急車が到着するまで近くの店舗に頼み、座る場所を確保した。事故当事者の家族から「女性警察官に大変お世話になりましたので、よろしくお伝えください。」とのお礼の電話をいただきました。

交番勤務員に対するお礼(H30.11)

鳥取市女性

 外出中、ふと自宅の窓を閉め忘れたことに気づき、夜になって一人で帰るのが心配になり交番の警察官に相談しました。警察官は一緒に家までついてきてくださり、家の中に異常がないか確認していただきました。「忙しい最中に相談に答えていただきありがとうございました。」とのお礼の電話をいただきました。

特殊詐欺の被害防止講習に対する感謝(H30.9)

東伯郡 女性

 倉吉署の駐在所員が、老人会において、特殊詐欺被害防止講習を実施。その後、講習を受けた高齢女性宅に詐欺の葉書が届けられたが、詐欺と気付き、被害の未然防止につながった。同女性から「すぐに詐欺の葉書と気付き冷静に対応できました。講習をしていただきありがとうございました。」とのお礼の電話をいただきました。


救護対応に対するお礼(H30.7)

鳥取市 男性

 智頭警察署の駐在所員が、独居高齢者宅を巡回した際、台所付近で倒れている高齢者を発見し、直ちに救急要請を行うとともに、熱中症が疑われたことから、補水と、身体の冷却措置を実施して救急隊に引き継いだ。その後、息子さんから「倒れている父を発見してくださって本当に助かりました。」との謝辞を受けた。

不審者事案の解決に対するお礼(H30.7)

女性

 倉吉市内で、不審者が出るとの相談を受理し、警察官が付近のパトロール及び所要の捜査を行った結果、被疑者を検挙した。その旨を相談者に説明したところ、相談者から「最初に不審者を見かけて以降、物騒な事件が起きないか心配でした。お忙しい中、早速に対応していただき、ありがとうございました。」との謝辞を受けた。

交通取締りに対するお礼(H30.6)

女性

 米子市内の方から、「午前7時30分から午前8時30分までの間、通行禁止の標識が設けられている道路に、車両が何台も通行し、通学中の児童が危険であるので取り締まってほしい。」旨の要望が寄せられ、米子警察署の交番勤務員が交通取締りを実施したところ、数人の近隣の方から、「この場所は、児童の通学路であり、取締りをしていただけると本当に助かります。」等の感謝の言葉が寄せられました。
 

地域警察活動に対するお礼(H30.6)

男性

 倉吉警察署地域課員が、市民の方から「駐車場に窓を開けたまま駐車されている車両がある。」との通報を受け、臨場したところ、車両所有者は県外旅行中で、すぐに戻ってくることができず、親族立会の下、車内に貴重品が無いことを確認のうえ、雨が入らないよう、ビニールで窓を塞ぐ措置をしました。後に、所有者から「窓を全開にしていました。旅行に行っており、助かりました。ありがとうございました。」とのお礼の電話をいただきました。

「東日本大震災」に伴う復興支援活動に対する感謝(H30.5)

福島県双葉郡、女性 

 東日本大震災復興支援活動の任務で鳥取県から派遣されている警察官に対し、
「皆様、大変お世話になり、ありがとうございました。7年ぶりに自宅に戻り、安心して生活できるのも皆様方のパトロール活動によるもので、本当に助かっております。高齢者の一人暮らしですので、ありがたくうれしく思っております。」
などと書かれた感謝の葉書をいただきました。

警察音楽隊の活動に対する感謝

女性

 警察音楽隊員によるプロムナードコンサートを見に来ていた女性から、「コンサートを見て、とても感動しました。これまで距離を感じていた警察を身近に感じ親しみを覚えました。音楽隊の方に伝えていただけたら嬉しく思います。」旨の感謝の言葉を頂きました。


警察署職場体験学習に対する感謝

 署員が、管内中学校の職場体験学習に協力し、同校の生徒に防犯広報活動、被害者支援活動等の学習を行ったところ、同校からの感謝のお礼状とともに生徒から「将来警察官になりたい。」などと綴られた手紙をいただきました。