当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

鳥取県警察への励ましの声と職員の活躍

 鳥取県警察に寄せられた皆さんからの応援・感謝のメッセージや、職員の活躍を紹介します。
  

励ましの声・職員の活躍の紹介

  

遭難救助に対するお礼(R1.6)

鳥取市 女性

 休日を利用して大山登山をしていた警察官が、下山中8合目付近で座り込んでいる高齢女性を発見し、高齢女性に具合等を尋ねたところ、「足がつって動けない。」と話したことから、管轄する琴浦大山警察署に連絡、同女性を背負ったまま6合目の避難小屋まで搬送の上、救急隊に引き継ぎ、その後、同女性の荷物を8合目まで行き回収等を行ったことに対して、後日、同女性から「助けていただきありがとうございました。私の荷物まで回収に行っていただき本当に助かりました。」とお礼の言葉をいただきました。


急病人への対応に対するお礼(R1.6)

東伯郡三朝町 女性

 管内を警ら中の警察官が、国道沿いの道路脇にうつ伏せで倒れている女性を発見し、トリアージ結果と転倒理由等の聴取を行った結果、救急搬送の必要性を認め、救急要請をするとともに、救急隊の到着までの間、脈拍のチェックや声かけ等を行った。その後、女性から「あの時の適切な対応のおかげで、私の命は救われました。本当にありがとうございました。」とのお礼の言葉をいただきました。

山岳遭難者救助に対するお礼(H31.3)

広島市 男性

 大山頂上付近で夫が雪庇を踏み抜き滑落したとの通報を受理した琴浦大山警察署は、早期に救助体制を確立し、消防、山岳協会等と連携して、悪天候の環境の中、救助活動を行い無事救助しました。このことに対して、警察署を訪れた遭難者から「遭難救助では大変お世話になりました。無事に救助していただいたことは一生忘れることができません。」とのお礼の言葉をいただきました。


山岳遭難者救助に対するお礼(H31.3)

八頭郡若桜町 男性

 大山登山をしていた登山サークル仲間4人のうち1人が負傷し、下山が困難となった旨の救助要請を受理した琴浦大山警察署は、極めて過酷な環境の中、夜を徹して捜索活動と救助活動を行い、無事救助しました。このことに対して、警察署を訪れた登山サークル仲間のリーダーから、「遭難救助では迅速に対応していただき大変に感謝しております。救助隊の皆様にもよろしくお伝えください。」とのお礼の言葉をいただきました。

捜査員に対するお礼(H31.1)

米子市 女性

 預金保険機構を騙った特殊詐欺事件を捜査中の米子警察署員が、詐欺被疑者を発見し、逮捕しました。この事件の捜査を進める中で被害現金を被害者に還付したところ、被害女性と御家族から、「大事なお金でした。本当にありがとうございます。」旨の感謝の言葉をいただきました。

駐在所勤務員等に対するお礼(H31.2)

鳥取市 男性

 鳥取警察署の駐在所勤務員が駐在所活動の中で、地区の町内会活動、祭りなどに積極的に参加し、駐在所夫人とともに地域の方と触れ合い、地域に密着した活動を行っている。この度、地区の代表者の方が鳥取警察署を訪れ、「地区の様々な活動に夫婦で積極的に参加してくださり、駐在所をとても身近に感じ、心強く思っています。」との感謝の言葉を述べられました。


警察官の対応に対するお礼(H30.11)

鳥取市 男性

 鳥取市内での人身事故で、事故のショックのため立ち上がることができなくなった当事者に女性警察官が付き添い、救急車が到着するまで近くの店舗に頼み、座る場所を確保した。事故当事者の家族から「女性警察官に大変お世話になりましたので、よろしくお伝えください。」とのお礼の電話をいただきました。

交番勤務員に対するお礼(H30.11)

鳥取市 女性

 外出中、ふと自宅の窓を閉め忘れたことに気づき、夜になって一人で帰るのが心配になり交番の警察官に相談しました。警察官は一緒に家までついてきてくださり、家の中に異常がないか確認していただきました。「忙しい最中に相談に答えていただきありがとうございました。」とのお礼の電話をいただきました。

特殊詐欺の被害防止講習に対する感謝(H30.9)

東伯郡 女性

 倉吉署の駐在所員が、老人会において、特殊詐欺被害防止講習を実施。その後、講習を受けた高齢女性宅に詐欺の葉書が届けられたが、詐欺と気付き、被害の未然防止につながった。同女性から「すぐに詐欺の葉書と気付き冷静に対応できました。講習をしていただきありがとうございました。」とのお礼の電話をいただきました。


救護対応に対するお礼(H30.7)

鳥取市 男性

 智頭警察署の駐在所員が、独居高齢者宅を巡回した際、台所付近で倒れている高齢者を発見し、直ちに救急要請を行うとともに、熱中症が疑われたことから、補水と、身体の冷却措置を実施して救急隊に引き継いだ。その後、息子さんから「倒れている父を発見してくださって本当に助かりました。」との謝辞を受けた。