当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

鳥取砂丘レンジャー日記

RSS 1.0
2012年7月25日」で絞込み

2012年7月25日

猛暑日、ラクダは?カエルは?大丈夫?

本日の鳥取砂丘も暑くなっています!午前11時頃には、砂上の温度は55度位の所もあり、裸足やサンダルでは熱くて歩きにくいので気をつけてください。サンダルでも靴下の履けるものなら歩けます。熱中症にならないよう、日傘や帽子は必要です。
ラクダさんでも水分補給をしていますよ!


砂丘のオアシスもすっかり干上がっていて、湧き水の尻無川(しりなしがわ)も、水が少なくだんだんと川の長さが短くなっています。
梅雨時のオアシスにいた「トノサマガエル」「アマガエル」は、今 どうしているのでしょう?
オアシス

仲間のレンジャーによると、トノサマガエルは火山灰露出地の辺りで見かけたとの情報が何件かあり、私も2年位前にその周辺で発見したので、どうやらここで真夏や冬を過ごしている可能性もあると思います。と言うことは年中砂丘の中に住んでいる?仮説ですが。
火山灰露出地付近
アマガエルは尻無川の周辺の緑地、コウボウシバの中にまだいるようです。

さて、これから見頃のハマゴウの花ですが、青紫色がさらに鮮やかになっています。


「真夏の砂丘」 じっと暑さに耐えている生き物と、今が最中で活躍しているもの。どちらも、たくましい生命力に頭がさがります。

~青レンジャー~

砂丘事務所 2012/07/25

2012年7月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930311234
567891011

月別アーカイブ

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000