当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

鳥取砂丘レンジャー日記

RSS 1.0
2011年2月15日」で絞込み

2011年2月15日

多鯰ヶ池紀行(5)-伝説を追う-

多鯰ヶ池からこんにちは!

「多鯰ヶ池」の「大島」には,「お種子弁天」がまつられており、「稲葉佳景無駄安留記」の絵図面の「大島」には「弁天」という記載がある。
多鯰ヶ池1

宮内の碑文によると「早州江ノ島の弁天を勧請したもの」という伝がある。弁天信仰の歴史は古く、もともとはインドの河神であることから、水辺、島、池など水に深い関係のある場所に祀られることが多い。仏教的信仰の対象でもあった。
多鯰ヶ池2  多鯰ヶ池3

明治の初め、「江島神社」は神仏分離によって仏式を廃して神社となった。以前は寺院としての性格が強かったらしい。安政5年(1858年)に編纂された「稲葉佳景無駄安留記」の絵図面に、「弁天」の記述があるということは、明治の前から勧請されていた「多鯰ヶ池」の弁天様は、「仏様」のようだったかもしれない。

多鯰ヶ池5

弁天様は、いつ頃、なぜ、神奈川県の「江ノ島」からやってきたのだろう。まだまだ、たくさんの謎がある。
これからも「多鯰ヶ池」にまつわる伝説や言い伝えをとりあげていく。「多鯰ヶ池紀行-伝説を追う-」の始まりである。(黄レンジャ-)

多鯰ヶ池6

砂丘事務所 2011/02/15

2011年2月
303112345
6789101112
13141516171819
20212223242526
272812345
6789101112

月別アーカイブ