当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

債権回収

 未収債権の回収は、県民負担の公平性の確保や歳入確保の観点から極めて重要かつ緊急な課題です。
 未納者に対しては、文書、電話、訪問等による督促を行い、それでも納付されない場合には、民間事業者への債権回収業務の委託や法的措置による解決を図ります。
 
  

平成30年度 税以外の債権の回収計画等の公表

《要旨》

 鳥取県再建回収計画等に関する条例により、税以外の債権について平成29年度の債権回収計画の達成状況をとりまとめるとともに、平成30年度の債権回収計画を策定しましたので公表します。

 鳥取県債権回収計画等に関する条例(PDF:54KB)
 

《概要》

・税外未収金の総額は、平成28年度末の24億5,495万円が、平成29年度末には、24億5,966万円になり、471万円(対前年度0.19%)増加した。
 ※平成25年度条例施行以降、税外未収金の総額は減少傾向にあるが、平成29年度は企業の雇用要件未達に伴う企業立地事業補助金(超大量雇用加算部分)の返還が新規に発生したことにより若干の増加となった。
(平成24年度末 26億9,496万円 ⇒ 平成29年度末 24億5,966万円)

・平成29年度の債権回収計画の県全体での達成率は88.8%であった。

・平成30年度は14億8,266万円を計画的に回収に取り組む債権に分類し、そのうち1億6,714万円(29年度回収実績の11.8%増)の回収を目標としている。

 計画的回収債権について(PDF:36KB)
 平成29年度債権回収計画達成状況及び平成30年度債権回収計画等(PDF:201KB))

  

支払督促から強制執行までのフロー図