メンテナンスのため、9月28日(火)及び29日(水)午前1時以降、一時的に閲覧できない状態が発生します。詳細は、お知らせをご覧ください。
青く澄み渡る日本海、氷ノ山や大山などからなる中国山地の緑豊かな山々からは、
豊かな栄養分を海にもたらしてくれます。
鳥取県は豊かな海に面し、海の幸を育んでいます。

『とっとりのさかな100選』では、そんな海の幸を紹介しています。表紙002
  

とっとりのおさかな

とっとりのおさかな

沖合漁業

沖合漁業
対馬暖流と山陰沖に分布する冷水がからみ合い、プランクトンや小魚などが豊富な鳥取県沖合。
ここにはそれらを食べる多種多様な水産生物が集まっている。

海表面から水深100メートルまでの表層では、まき網によってアジ、サバ、イワシ類が漁獲され、沖合イカ釣によってスルメイカが漁獲されている。
水深200メートル以深の海底付近では、沖合底びき網によって松葉がに、ハタハタ、カレイなどが漁獲されている。
水深800メートルを超える深海底では、ベニズワイかにかごによってベニズワイガニが漁獲されている。

アカガレイ(マガレイ) クロマグロ(マグロ) ブリ(ハマチ)
アカムツ(ノドグロ) ゴマサバ(マルサバ) ベニズワイ(紅がに)
イバラモエビ(オニエビ) スルメイカ(シマメ) ホタルイカ(ホタル)
ウルメイワシ(ウルメ) ズワイガニ雄(松葉がに) ホッコクアカエビ(アカエビ)
エゾボラモドキ(アカバイ) ズワイガニ雌(親がに、セコ) マアジ(アジ、ヒ)
エッチュウバイ(シロバイ) ズワイガニ雄(若松葉) マイワシ(イワシ、ツ)
カタクチイワシ・シラス(カタクチ) ソウハチ(エテガレイ) マサバ(サバ、メ)
ガンコ(オトク) タナカゲンゲ(ババア、ナマズ) マダラ(タラ)
キアンコウ(アンコウ) ニギス(オキギス) ミズダコ(ミズダコ)
ハタハタ(シロハタ) ノロゲンゲ(ドギ) モロトゲアカエビ(スジエビ)
クロザコエビ(モサエビ) ハツメ(アカハタ)
トゲザコエビ(ガラモサ) ヒレグロ(ベラ、ベランス)

先頭へ先頭にもどる

沿岸漁業

沿岸漁業
鳥取県の海岸線は鳥取砂丘に代表されるように砂浜域が多いが、一部には大山の火山岩からなる天然礁がある。
県西部には本県唯一の内湾である美保湾があり、多くの重要種の稚魚の育成場として重要な中海と境水道を介して繋がっている。また、中国山地を代表する大山からは、豊富な栄養塩を含んだ河川水が流入している。

いずれも好漁場となっており、刺網一本釣小型底びき網潜水などで、ヒラメ、サワラ、イワガキ、シロイカなど豊富な海の幸を漁獲し、食卓に届けている。

アオリイカ
(ミズイカ、アオリ)
クロモ
(バーズゴロシ・ボースゴロシ)
バイ(キンコバイ・クロバイ)
アカカマス(カマス) ケンサキイカ(シロイカ) ヒラメ(ヒラメ)
アカモク(モク、モバ) コウイカ(スミイカ) マダイ(タイ)
アラメ(アラメ) サザエ(サザエ) マダコ(タコ)
イガイ(イガイ) サヨリ(スクビ、ヨロズ) マトウダイ
(バトウ、ツキノワ)
イタヤガイ(ホタテガイ) サルボウ(アカガイ、ハマグウ) マナマコ(ナマコ)
イワガキ(カキ) サワラ(サワラ、サゴシ) ムシガレイ
(モンガレイ、ミズガレイ)
ウマヅラハギ(チューカー) シイラ(マンサク) メイタガレイ・ナガレメイタ
ガレイ(ホンメタ、バケメタ)
カサゴ(ボッカ) シロギス(キス) メダイ(ダルマダイ)
キジハタ(アコウ、アカミズ) スズキ(セイゴ、ハネ、スズキ) ヤリイカ
(テナシ、ケンサキ)
キダイ(レンコダイ) ソデイカ(アカイカ) ヨシエビ
(シラサ、ホンジョウエビ)
クルマエビ(クルマエビ) チカメキントキ
(ヘイケダイ、アサヒ)
ワカメ(ワカメ)
クロアワビ・メガイアワビ
(クロ・メガイ)
ツクシトビウオ・ホソトビウオ
(角アゴ、大目・丸アゴ、小目)
イシダイ・ホウボウ・アカエイ
クロウシノシタ(シタガレイ) トラフグ(フグ・ホンフグ) チダイ・ボラ・マゴチ
【中海七珍】 マハゼ(ゴズ)・ヒイラギ(エノハ)・タイワンガザミ(アオデガニ)・コナガニシ・ナガニシ(アカバイ、アカベー)・サッパ(マーカレ)・クロソイ(クロメバル)・ニホンイサザアミ(オダエビ)

先頭へ先頭にもどる

内水面漁業

内水面漁業
鳥取県では、大山をはじめ自然豊かな中国山地を源流として、千代川、天神川、日野川が日本海へ注いでおり、これらの川では、渓流釣りアユ釣りが盛んに行われている。
淡水と海水が混じりあう豊かな汽水域である湖山池、東郷池では、シラウオ・ワカサギ漁ヤマトシジミ漁などが行われている。

養殖では、古くから豊かな清水を活用したマス類養殖が行われ、近年は休耕田等を有効活用したホンモロコ養殖が盛んになっている。
そのほか、希少魚を養殖するカジカ・アユカケ養殖が新たに始まるなど、各地域の特色を生かしながら、特産品化を目指している。
アユ(アユ) ギンブナ・ゲンゴロウブナ
(フナ・ヘラブナ)
ホンモロコ(モロコ)
アユカケ
(カマキリ・カワフグ)
コイ(コイ) ヤマトシジミ(シジミ)
イワナ・ヤマメ・ニジマス
(タンボリ、ヒラメ、マス)
シラウオ(シラウオ) ワカサギ(アマサギ)
ウナギ(ウナギ) テナガエビ(テナガエビ)

先頭へ先頭にもどる

鳥取の漁業紹介

沖合漁業 大中型まき網漁業、沖合底びき網漁業(1そうびき)、
べにずわいかご網漁業、イカ釣漁業(沿岸漁業も含む)
沿岸漁業 小型底びき網漁業、刺網漁業、釣漁業
内水面漁業 シジミ漁

  

ダウンロード

表紙~P2 PDF[708KB]
P3~21(沖合漁業) PDF[4,742KB]
P22~40(沖合漁業) PDF[4,852KB]
P41~43(沖合漁業) PDF[727KB]
P44~62(沿岸漁業) PDF[4,760KB]
P63~81(沿岸漁業) PDF[4,949KB]
P82~89(沿岸漁業) PDF[1,992KB]
P90~101(内水面漁業) PDF[3,191KB]
P102~105(鳥取の漁業紹介) PDF[1,903KB]
P106~背表紙 PDF[664KB]
  

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000