循環型社会推進課

ごみゼロ社会を目指した4R実践の地域づくりに向けて

 私たちは、世界に認められた中海や山陰海岸をはじめとした本県の豊かで恵まれた自然環境の中で生活をしています。これらの自然環境を次の世代に引き継いでいくことが、現代を生きる私たちの大きな使命です。
 このため、環境への負荷をできる限り抑え、貴重な資源を有効に活用する「循環型社会」の形成に向けた取組を一層進めることが必要です。
 本県では、国が進めるリデュース(発生抑制)、リユース(再使用)、リサイクル(再生利用)の「3R」に廃棄物の元を断つ意味であるリフューズを加えた「4R」を循環型社会形成の取組の柱としてきました。
 取組にあたり、「ごみゼロ社会を目指した4R実践の地域づくり」を基本理念として、県民、NPO、事業者、行政が一体となって、より一層の循環型社会づくりを進めていきます。
4つのRの定着と実践
不法投棄防止対策の強化や廃棄物の適正処理の推進