地鶏と銘柄鶏の定義

(国産銘柄鶏の定義)

現在、国内で生産され、いろいろな名称を附して流通している鶏肉のうち、次に掲げる地鶏及び銘柄鶏(種鶏及び採卵鶏を除く)を総称して「国産銘柄鶏」という。

「国産銘柄鶏」は鶏種、飼料、飼育方法、出荷日齢等について通常のチキンと異なる方法により差別化を図り、我が国で飼育し、処理加工したものでその内容によって次の「地鶏」及び「銘柄鶏」に分類。

「地鶏」とは、在来種(注1)の純系によるもの、または在来種を素びなの生産の両親か片方の親に使ったもので、在来種由来の血液百分率が50%以上のもの。

生産方法では、飼育期間が80日以上であり、28日齢以降平飼いや1平方メートルあたり10羽以下で飼育されたもの。

「銘柄鶏」とは、両親が地鶏に比べ増体に優れた肉専用種といわれるもので、できた素びなの羽色が褐色系で赤どりといわれるものとブロイラーといわれる通常の若どり(チキン)の場合とがあり、いずれの場合も親の鶏種(注2)とともに、通常の飼育方法(飼料内容、出荷日齢等)と異なり工夫を加えた内容を明らかにした次の表示を食鳥処理場の出荷段階のパッケージ等に行ったもの。なお、小売段階においてもこれに準じて一定の表示を行う。

【表示】

(1)国産銘柄鶏の名称及び品名(もも肉、むね肉等の部位)

(2)原産地(飼養地)

(3)生産の方法(1.鶏種、交配様式 2.出荷日齢 3.飼料内容)

(4)内容量

(5)消費期限又は賞味期限

(6)保存方法

(7)生産者の氏名又は名称及び住所

注1

会津地鶏(あいづじどり)、伊勢地鶏(いせじどり)、岩手地鶏(いわてじどり)、インギー鶏(いんぎーどり)、烏骨鶏(うこっけい)、鶉矮鶏(うずらちゃぼ)、ウタイチャーン(うたいちゃーん)、エーコク(えーこく)、横斑プリマスロック種(おうはんぷりますろっくしゅ)、沖縄髭地鶏(おきなわひげじどり)、尾長鶏(おながどり)、河内奴鶏(かわちやっこけい)、雁鶏(がんどり)、岐阜地鶏(ぎふじどり)、熊本種(くまもとしゅ)、久連子鶏(くれこどり)、黒柏鶏(くろかしわどり)、コーチン(こーちん)、声良鶏(こえよしどり)、薩摩鶏(さつまどり)、佐渡髭地鶏(さどひげじどり)、地頭鶏(じどっこ)、芝鶏(しばっとり)、軍鶏(しゃも)、小国鶏(しょうこくけい)、矮鶏(ちゃぼ)、東天紅鶏(とうてんこうどり)、蜀鶏(とうまる)、土佐九斤(とさくきん)、土佐地鶏(とさじどり)、対馬地鶏(つしまじどり)、名古屋種(なごやしゅ)、比内鶏(ひないどり)、三河種(みかわしゅ)、蓑曳矮鶏(みのひきちゃぼ)、蓑曳鶏(みのひきどり)、宮地鶏(みやじどり)、ロードアイランドレッド(ろーどあいらんどれっど)

注2

赤どり:シェーバーレッドブロ、レッドコーニッシュ、レッドプリマスロック、プレノアール等、ブロイラー:ホワイトコーニッシュ、ホワイトロック等