山陰自動車道

事業概要

鳥取西道路(瑞穂IC付近)
 整備が進められている山陰道鳥取西道路( 瑞穂IC(仮称)付近 )

 山陰自動車道は、鳥取県鳥取市を起点とし、山口県美祢市を終点とする、延長約380キロメートルの高速道路です。この道路は、鳥取・島根・山口3県の主要都市を東西に結び、各地域間の交流・連携を強化するとともに、山陰地方の産業経済の発展や観光振興、沿線住民の生活を支える安心・安全な道路として、一日も早い全線開通が待ち望まれています。

 鳥取県内の山陰自動車道は、国道9号のバイパス(山陰道)として国土交通省により整備が進められています。 
 平成25年12月14日には鳥取IC~鳥取西IC間が開通しました。また、12月21日には赤碕中山IC~名和IC間が開通しました。
 また、平成29年度には吉岡温泉IC(仮称)~青谷IC間が開通予定です。



山陰道の事業概要はこちら