当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

暴力団犯罪を根絶するために

 暴力団は、近年、恐喝や薬物の密売等の伝統的な資金源獲得活動や民事介入暴力、行政対象暴力等に加え、その組織実態を隠ぺいしながら建設・金融業等といった各種企業活動へ進出し、資金獲得に向けて一般社会での活動を活発化させています。
 また、公共工事に介入して資金を獲得したり、各種公的給付金制度等を利用した詐欺事件等を多数敢行するなど、社会経済情勢の変化に応じた多種多様な資金源活動を行っています。
 警察では、社会経済情勢の変化にも留意しつつ、暴力団取締りの徹底、暴力団対策法の効果的な運用を行い、財団法人暴力追放鳥取県民会議と協力して各種暴力排除活動を推進しています。
 このような暴力団を社会から締め出すため、

暴力団を恐れない。

暴力団に金を出さない。

暴力団を利用しない。

暴力団と交際しない。

「暴力追放三ない運動」+1を実践して、暴力団のない安全で住みよい郷土鳥取県をつくるため、県民の皆さまのご協力をお願いします。
 暴力団に関することで「困っているとき、迷っているとき」は、ご相談ください。
 暴力団に関する民事事件についても、暴追センターを通じて、鳥取県弁護士会の民事介入対策の弁護士(通称民暴弁護士)と連携を図っていますので、暴力団が民事に介入する事案についてもご相談ください。
 秘密は厳守します。

◎ 警察総合相談電話

0857-27-9110

◎ (財)暴力追放鳥取県民会議

0120-19-8930(フリーダイヤル無料)

◎ 米子警察署「暴力相談窓口」

0859-33-0110

◎ 緊急時は、110番。