日野振興センター日野振興局のホームページ

「しぜんの宝箱」自然保護監視員だより

 清らかな水、深い緑、露に輝く花々…。鳥取県日野郡の自然はまるで宝箱のようです。
 ここには、大山隠岐国立公園、比婆道後帝釈国定公園、奥日野県立自然公園、神戸上県自然環境保全地域があり、とても自然豊かな地域です。また、サクラソウやブッポウソウ等、希少な動植物も多く生息しています。
 自然保護監視員の番原昌子が、活動を通して魅力いっぱいの日野郡の自然を楽しく紹介していきます!
  

自然保護監視員とは

 鳥取県の自然保護監視員は、自然保護行政の適正かつ効率的な実施のため、平成18年9月に設置されました。現在、県内に5名の自然保護監視員が活躍しています。

   どんな仕事をするの?
  • 自然保護思想の普及啓発
  • ホームページ作成等の情報発信
  • 鳥取県自然環境保全条例に係る業務
  • 鳥獣の保護及び狩猟適正化に基づく鳥獣保護員業務
  • 自然公園、希少野生動植物保護に係る業務  など

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
〈参考資料〉

山登り初心者のためのリーフレットを作成しました。ご自由にお使いください。
(A4四つ折り、両面コピー)

「はじめての山登り入門リーフレット」PDF形式(48,641KB)

  

2017年3月11日

フィールドサイン

 暖かくなったり寒くなったりで、身体がついて行きません。 
 今は雪が降っていて寒いのに、あと20日もすれば桜が咲き始めると思うと不思議な感じがします。

 さて今回は、フィールドサインを紹介します!

 日南町内を狩猟関係でパトロールをしていると、折れた木の枝の皮がきれいに剥けているのを見つけました。フィールドサインです。



 フィールドサインとは、ほ乳類の足跡やフン、食べあと、角や爪のとぎ跡等、生活痕のことを言います。フィールドサインを知れば、どんな哺乳類が生息しているか知ることができます。 



 食べ物がなくなる冬、草食動物達は木の皮などを食べて飢えをしのいでいます。



 「たぶんノウサギだろうけど、ニホンジカの可能性もないわけではないし…。」などと、思いながらその場を立ち去りました。(結局何の動物かまではわかりませんでした)

 鳥取市などの県東部地域では、ニホンジカが沢山いて、林道を車で走っていると出会えたり、鳴き声もよく聞こえる、と話しを聞いたことがあります。
 
 日野郡がある西部地域は、東部地域に比べたら生息頭数は少ないのでしょうが、目撃情報や捕獲される頭数が年々増えてきいます。

 ニホンジカのフィールドサインをはっきりと見たことがないのですが、これからは目にする機会も増えるかもしれませんね。
 

日野振興センター 2017/03/11

  

ご意見・お問い合わせ先

西部総合事務所 日野振興センター日野振興局    
〒689-4503  鳥取県日野郡日野町根雨140-1
TEL : 0859(72)2083   FAX : 0859(72)2072   
Eメール :  hino-shinkou@pref.tottori.lg.jp