とっとり子育て親育ちプログラムのススメ

 「PTAの研修会や学級懇談会の参加者が少ない」「講演ばかりの研修で変化がない」「他の家ではどうしているのかしら。他の保護者と話がしてみたい」と思ったことはありませんか。
 「とっとり子育て親育ちプログラム」は参加体験型の学習プログラムで、子育ての悩みや課題を題材に、保護者同士が話し合うことにより、親同士のつながりを深め、家庭教育について学びあう仲間づくりを進めるものです。
 このプログラムで行われる個人やグループでのワークは、正解を導き出すものではなく、楽しい時間を共有し、共感することで、それぞれが子育てを振り返ったり、家庭教育について考えるきっかけとするものです。
 鳥取県では、このプログラムの実施の進行役として、ファシリテータを養成し、無料で派遣しますので、是非、保護者会やPTA研修会でご活用ください。

1.プログラムの構成と流れ(ファシリテータが進行します。)

導入  アイスブレイク(10分)・・・雰囲気を和ませるうちとける(アイスブレイク)写真

  • 簡単なゲームなどで、初対面の緊張をほぐし、気軽に思いや考えが話せる雰囲気を作ります。 グループ作りを兼ねることもあります。  

展開  ワーク(30分、または40分)・・・主たる活動 

  • 身近なテーマについて、自分の思いをシートに記入し、グループで意見交換を行う参加型学習です。家庭教育の悩みや情報を共有し、共感しながら、楽しく話し合いを進めます。

まとめ  ふりかえり(10分)・・・気づく

  • 学習で気づいたことを個人やグループで振り返ります。他の人の感想を聞くことにより、自分の子どもとの関わり方を振り返り、新たな気づきが生まれます。
  • 保護者同士の一体感も深まり、ネットワークが生まれます。

幼児、小学生版

思春期版

進め方とワークシート    資料(各種プログラム紹介) (PDFで掲載)

2 参加者の感想

4会場85人の参加者アンケートで満足度91%!

話し合い写真
  • 保護者同士、子育てについて共感できたことはよかった。真似できることは真似たい。
  • 実践できる内容で勉強になりました。親も子どもと一緒に成長して行けたらなぁと思います。
  • よく知っているお友達とでも、話さなかった深いところを思い切って話せてよかった。
  • 他の方がどのようにされているか聞けて良かった。少人数は意見が出しやすかった。
  • 皆が同じような気持ちでいるのにホッとした。子育てを振り返る、よいきっかけとなった。このような研修の機会が増えるとよい。
  • 話が盛り上がり、時間が足りなかった。

3 プログラムのテーマ内容

身近なテーマの中から一つ選び、グループで話し合います。
幼児・小学生版  思春期版 
 カテゴリー  テーマ
1.自分自身のふりかえり
2.子育ての悩み
 3.親子のコミュニケーション(1)
4.親子のコミュニケーション(2)
5.親子のコミュニケーション(3)
6.しかり方ほめ方
 7.基本的生活習慣
 カテゴリー  テーマ
1.よりよい関係
親と子の関係
子どもの交友
親の気持ち
2.子どもの成長
つくろう    
  生活リズム
自立に
  向かって
男女交際
学校      
 行きたくない
3.社会と向き合う
進路・未来
地域と共に
ネット社会

4 話し合いシート

テーマごとにシートを用意しています。ファシリテータの進行により、自分の思いをシートに記入しながらグループで話し合いをします。
プログラム1   プログラム2

ファシリテータ派遣申込み

子育て親育ちプログラム申込み子育て親育ちプログラムファシリテータの派遣申込みは下のPDFファイルの2面にあります。保護者会などで是非ご活用ください。
とっとり子育て親育ちプログラムチラシ(PDFファイル:439KB)

話し合い2
派遣申込書(PDF:64KB)
実施報告書(PDF:65KB)
子どもと向き合う5つのポイント