海外渡航に当たり自分自身を証明するために大変重要なものですので、必ず規格にあった写真をご用意ください。
 提出された写真がそのままパスポートに転写されるため、規格に合わない,
画像が荒い等不適当な写真は差替えをお願いします。


※照明の強い写真を、パスポートに転写すると、鼻など顔の凹凸が不鮮明になり、不適当な写真となりますので、ご注意ください。

外務省ホームページも参照してください。 >>> パスポート申請用写真の規格について(外務省)
  

不適当な写真の例

規格外などの不適当な写真は、撮り直しをお願いすることとなります。

  • 規格を満たしていない(規定のサイズに納まらない)

  顔の寸法が規格より小さい。

  顔の寸法が規格より大きい。

  横に寄りすぎたりして、余白が少ない。

  顔が左右に傾いている。

  目線がずれている。

  • 平常の顔貌と著しく異なる

  目元の濃い化粧。
  カラーコンタクトやディファインの装着。
  微笑んで口角が上がっている。
  口が開いている。

  • 目元や輪郭がわかりにくい

  前髪や影が目にかかっている。
  髪で顔の輪郭を隠している。
  眼鏡が反射している。
  眼鏡のフレームが目にかかっている。
  眼鏡のフレームが非常に太く、目や顔を覆っている。
  照明で顔が白く、鼻のラインや顎などの輪郭が不鮮明。
  色付きレンズの眼鏡をかけている。(色付きレンズの場合は診断書の提出が必要です。)
  髪飾り、ピアス等で輪郭を隠している。
  頭髪のボリュームが大きく、顔の面積が小さい。

  • 背景が不適当

  背景に影がある。
  影、壁の地柄が写っている。
  グラデーションになっている。
  背景の色が濃く、人物を特定できない。
  (淡色を推奨しますが白髪の人は輪郭が不鮮明にならないようご注意下さい。)

  • 写りの悪いもの

  ドットやインクのにじみなどがある。
  ピンボケや手ぶれなどの画像の乱れがある。
  汚れや傷のついたもの。

  • オプション機能は使用しない

  色を白く見せる機能(肌美)。
  肌を健康的な色にする(男前機能)。


できるだけ写真店での撮影をお願いします。乳幼児の写真についてはお問い合わせ下さい。

正しい写真の例

 見本(単位:mm)

見本

  • ふちなしで、上図指定規格を満たしたもの(顔の寸法は頭頂から顎まで)。
  • 色は白黒、カラーいずれでも可。
  • 正面向きで、無帽、無背景(淡色一色であるもの(影、壁の地柄が写っていないもの。グラデーションでないもの。))。
  • 6ヶ月以内に撮影したもの。