通常、パスポートにはヘボン式ローマ字を使用することになっています。 ヘボン式ローマ字では、下記の表記となります。
  

表記例

SHI じ・ぢ JI ちゃ CHA じゃ JA
CHI しゃ SHA ちゅ CHU じゅ JU
TSU しゅ SHU ちょ CHO じょ JO
FU しょ SHO りょ RYO -

撥音・促音・長音の表記

区分 表記方法 表記例
撥音 B、M、Pの前にはNの代わりにMをおく なんば→「NAMBA」
ほんま→「HOMMA」
促音 子音を重ねる はっとり→「HATTORI」
きっかわ→「KIKKAWA」
長音 記入しない きりゅう→「KIRYU」
ゆうこ→「YUKO」
おおた→「OTA」
ようこ→「YOKO」

ヘボン式ではない記載や別名併記

 国際結婚をしている、二重国籍である等の理由で、ヘボン式でない記載や別名併記を記載することもできます。詳しくは氏名をヘボン式でない記載や別名併記を希望する場合をご覧ください。
 ただし、ご希望に添えない場合もあります。また、ICチップに登録されるお名前はヘボン式ローマ字のみですので、御了承ください。