損傷したパスポートを返納して、新しいパスポートに切り替えます。
 有効パスポートを破いた、水で濡らした、落書きをした等、破損された方は旅券窓口へお越しください。
  

損傷の程度による手続区分

 損傷の程度により手続が異なります。 ただし、損傷の程度については実物を見ないと判断しかねますので、あらかじめ窓口までご相談ください。
損傷の度合い 状況 手続き
重度の損傷
  • 氏名、写真、生年月日、旅券番号、発行年月日等が判別できない。
  • 1ページでも欠落している。
  • その他重度の損傷
重損傷切替申請
軽微な損傷
  • 査証欄にメモ、落書きした。
  • 査証欄が少し破れた。
  • ラミネートがはがれている。
  • ICシート・ICチップが損傷している。
  • その他、軽微な損傷
軽損傷切替申請