ため池点検結果の概要について

 平成25~26年度に実施したため池の点検結果がまとまりましたのでお知らせします。
 平成23年3月に発生した東日本大震災でため池が決壊し、死者が出たことを受けて、国はため池の一斉点検や耐震調査を実施する事業を創設しました。
 県は、国の事業を活用し、県内のため池1,100箇所のうち、調査時点でため池としての形態や機能が明らかに失われているものや受益面積が0.5ha未満の小規模なものを除き、一斉点検並びに老朽度調査(577箇所)、及び耐震調査(71箇所)を実施しました。
 

対象

区分 

 対象

 一斉点検並びに老朽度調査  かんがい受益面積0.5ha以上、又は貯水量1千m3以上
 耐震調査 ・被害想定受益面積7ha以上又は農業外被害想定額4千万円以上で、かつ、かんがい面積2ha以上
・下流に人家や公共施設があり、決壊すると甚大な被害が発生するおそれのある防災重点ため池。(耐震設計基準に基づき平成12年以降に改修されたもの又は現在事業実施中のもの等を除く。)
 ※防災重点ため池は、県地域防災計画に定めた重要ため池と同一。
 

点検・調査内容

区分 

内容 

一斉点検  過去に被災したため池を統計分析した国の指標に堤体諸元等を入力することで、被災し易いため池を概略把握し、豪雨・地震に対する詳細調査の必要性を把握した。
老朽度調査  ため池の漏水量やクラック等の変状等を実測調査するとともに、下流域への危険度を把握し、整備の優先度を判定した。
耐震調査  ボーリング等で堤体の土質試験を行い、法面の安定性や基礎地盤の液状化の可能性を検討するとともに、下流への影響度を把握し、整備の優先度を判定した。
一斉点検の概要
目視による現地調査及び既存資料による(1)ため池の属性(築造年代等)(2)堤体諸元(堤高、法面勾配、築堤材料等)(3)影響度(下流域の人家、公共施設等)(4)依存度(受益面積等)(5)立地条件(貯水量等)から、過去の被災ため池との類似性を評価し、決壊の危険性を概略把握するもの。
※ 豪雨指標の被災データ:平成16年豪雨
※ 地震指標の被災データ:昭和58年日本海中部地震、平成23年東北地方太平洋沖地震

 

点検・調査結果

ため池総数1,100箇所のうち整備優先度の高いため池数 

区分 

調査数 

点検・調査結果 

箇所数 

うち防災重点ため池 

老朽度調査
 577
 老朽化が著しく、漏水等により整備の優先度が高いもの
 8
 2
耐震調査

 71

 耐震健全度が低く、整備の優先度が高いもの
 37
37
※箇所数は、重複1箇所を含む
 ため池点検市町別数量一覧表

今後の対応

  • 県は、点検結果を関係市町へ周知しております。今後は関係市町が実施するため池関係者向け説明会に協力し、周知を図っていきます。また、災害を未然に防止する上で日常点検が非常に重要なことから、ため池点検マニュアルを管理者へ周知します。
  • 漏水の多いため池については、既にため池管理者に対し低水位管理等の防災対策を指導しており、早急に改修を行うよう勧めています。
  • 関係市町に対し、防災重点ため池を中心に、早急にハザードマップを作成するよう勧めています。
  • 耐震健全度が満たされていないため池については、情報連絡体制の整備や避難訓練の実施など、不測の事態に備えた監視体制の強化を図るとともに、老朽化の状況や下流域への影響度を考慮し、改修・補強などの整備を推進します。

「ため池点検支援」について

○ため池に関する困りごとはありませんか?
例えば、

  • 堤体のひび割れ・崩れが発生した
  • 堤体からの漏水が増えた
  • 洪水吐が小さいので越流するおそれがある
  • 堤内の土砂堆積が著しくなった
  • 斜樋から取水ができなくなった
  • 長年放置されたままで心配
  • 管理道がないので管理が大変
  • ハザードマップを作成したい 
  • 子供の転落事故が心配
  • ため池管理者になったが日常点検・非常時の対応がわからない
  • 希少動物の保全を図りたい など

○お手伝いします!

  • ため池の危険度判定
  • ため池の再編(統合、廃止)の提案
  • 補修・改修計画の提案
  • ハザードマップ作成におけるワークショップの支援
  • 日常点検、非常時対策のアドバイス など

 <問い合わせ先>
 水土里ネットとっとり(鳥取県土地改良事業団体連合会)
  本部事務所  電話 (0857)38-9500   鳥取事務所  電話 (0857)38-9700
  倉吉事務所  電話 (0858)47-0055     米子事務所  電話 (0859)32-9710

 鳥取県
      農林水産部農地・水保全課           電話 (0857)26-7323
                  ファクシミリ (0857)26-8191
  東部農林事務所地域整備課           電話 (0857)20-3570 
                      ファクシミリ (0857)37-1283
  中部総合事務所農林局地域整備課 電話 (0858)23-3171
                  ファクシミリ (0858)23-3173
  西部総合事務所農林局地域整備課 電話 (0859)31-9668
                  ファクシミリ (0859)39-0494  

◯ため池点検マニュアル
 ため池に対するの日常の管理・点検及び、緊急時の対応等についてとりまとめましたので活用して下さい。
  ため池点検マニュアル[PDF:824KB]

  ため池診断表[Word:112KB]

ため池防災減災対策推進事業(単県事業)について

○事業目的

 ため池に係る社会的状況の変化等に対し、ハード・ソフトの両面から、防災・減災対策の実施を支援するものです。 

  実施内容[PDF:76KB]