保育所

保育所に入所できる年齢
0歳児から就学前までの子どもです。0歳児は保育所により受け入れ体制(月齢)が異なります。

申し込み時期
年度の途中でも申し込めます。職場復帰前に入所予約を受け付ける市町村もあるので、早めに相談してください。4月からの入所を希望される場合は、その前年の11~12月頃に市町村の広報誌等に掲載する募集案内をご覧ください。

保育料
保護者の所得状況により決定します。

保育料軽減
兄弟姉妹で利用(同時在園)する場合は、2人目、3人目の保育料が安くなります。また、第3子以降の保育料は、保護者負担が通常の3分の1に軽減され、多子世帯の保育料は安くなっています。また、所得が一定額以下の母子家庭等の場合は、減免制度があります。詳しくは市町村役場でおたずねください。

保育時間
午前8時頃から夕方6時頃までが一般的ですが、保護者の要望に応じて延長保育を実施している保育所があります。

延長保育
通常の保育時間の前後の時間に、保育時間を延長しています。利用する場合は保育所に事前に申請ください。

障がい児保育
集団保育が可能な程度の障害のある子どもであれば、受け入れています。各市町村、保育所に相談してください。

広域入所
居住地以外の市町村からの入所を受け入れている保育所もあります。

申し込み先
各市町村の児童福祉担当課等保育所担当課にお問い合わせください。また、入所を希望する保育所に直接申し込むこともできます。

問い合わせ先→各市町村
  

地域型保育事業

 平成27年度から新たに、少人数の単位で、0~2歳の子どもを預かる「地域型保育事業」が創設されました。市町村の認可事業とし、待機児童の多い0~2歳児の保育の場を確保していきます。

4つのタイプ

  1. 家庭的保育(保育ママ)

     家庭的な雰囲気のもとで、少人数(定員5人以下)を対象にきめ細やかな保育を行います。

  2. 小規模保育

     少人数(定員6~19人)を対象に、家庭的保育に近い雰囲気のもと、きめ細やかな保育を行います。

  3. 事業所内保育

     会社の事業所の保育施設などで、従業員の子どもと地域の子どもを一緒に保育します。

  4. 居宅訪問型保育

     障がい・疾患などで個別のケアが必要な場合や、施設が無くなった地域で保育を維持する必要がある場合などに、保護者の自宅で1対1で保育を行います。

県内の地域型保育事業所一覧(PDF:60KB)

認可を受けた保育施設と認可を受けていない保育施設(届出保育施設等)との違い

 保育施設には、認可を受けた施設と認可を受けていない施設があります。その違いは、施設として一定の基準を満たしている等と、都道府県・市町村が認可しているかどうかです。

 しかし、認可を受けていない保育施設のうち、届出が提出された施設については、県が毎年立入調査を実施し、必要な指導を行っています。認可を受けた保育施設、認可を受けていない保育施設、いずれも、実際に見学したり、説明を聞いてみて申込まれることをおすすめします。

 なお、鳥取県では、認可を受けていない保育施設のうち県への届出をしている施設を「届出保育施設等」と呼んでいます。

 

 県内の届出保育施設等(95KB)

よい保育施設の選び方 十か条

(厚生労働省雇用均等・児童家庭局保育課)

1 まずは情報収集を

市町村の保育担当課で、情報の収集や相談をしましょう

2 事前に見学を

決める前に必ず施設を見学しましょう

3 見た目だけで決めないで

キャッチフレーズ、建物の外観や壁紙がきれい、保育料が安いなど、見た目だけで決めるのはやめましょう

4 部屋の中まで入って見て

見学のときは、必ず、子どもたちがいる保育室の中まで入らせてもらいましょう

5 子どもたちの様子を見て

 子どもたちの表情がいきいきとしているか、見てみましょう

6 保育する人の様子を見て

・保育する人の数が十分か、聞いてみましょう
・保育士の資格を持つ人がいるか、聞いてみましょう
・保育する人が笑顔で子どもたちに接しているか、見てみましょう
・保育する人の中には経験が豊かな人もいるか、見てみましょう

7 施設の様子を見て

・赤ちゃんが静かに眠れる場所があるか、また、子どもが動き回れる十分な広さがあるか、見てみましょう
・遊び道具がそろっているかを見て、また、外遊びをしているか聞いてみましょう
・陽あたりや風とおしがよいか、また、清潔か、見てみましょう
・災害のときのため避難口や避難階段があるか、見てみましょう

8 保育の方針を聞いて

・園長や保育する人から、保育の考え方や内容について、聞いてみましょう・どんな給食が出されているか、聞いてみましょう
・連絡帳などでの家庭との連絡や参観の機会などがあるか、聞いてみましょう

9 預けはじめてからもチェックを

預けはじめてからも、折りにふれて、保育のしかたや子どもの様子を見てみましょう

10 不満や疑問は率直に

不満や疑問があったら、すぐ相談してみましょう、誠実に対応してくれるでしょうか