大山山麓地域の日本遺産認定が決定しました!

 4月25日、文化庁から平成28年度における日本遺産の認定が発表され、鳥取県では大山町、伯耆町、江府町、米子市が申請した「地蔵信仰が育んだ日本最大の大山牛馬市」が認定となりました。

 県内では、認定第1号となった東伯郡三朝町の「六根清浄と六感治癒の地~日本一危ない国宝鑑賞と世界屈指のラドン泉~」に続き、2年連続の認定です。

 地元では、大山山麓地域の日本遺産認定を弾みに、2年後の大山開山1300年祭に向けた機運をさらに盛り上げていくこととしており、鳥取県としても、大山や三朝など鳥取県がもつ文化の魅力を広く発信することにしています。

<ストーリーの概要>
「地蔵信仰が育んだ日本最大の大山牛馬市」
 大山の山頂に現れた万物を救う地蔵菩薩への信仰は、平安時代末以降、牛馬のご加護を願う人々を大山寺に集めた。江戸時代には、大山寺に庇護され信仰に裏打ちされた全国唯一の「大山牛馬市」が隆盛を極め、明治時代には日本最大の牛馬市へと発展した。
 西国諸国からの参詣者や牛馬の往来で賑わった大山道沿いには、今も往時を偲ぶ石畳道や宿場の町並み、所子に代表される農村景観、「大山おこわ」などの独特の食文化、大山の水にまつわる「もひとり神事」などの行事、風習が残されている。ここには、人々が日々「大山さんのおかげ」と感謝の念を捧げながら大山を仰ぎ見る暮らしが息づいている。

 詳しいストーリーはこちらをご覧ください。(PDF,445KB)
 
※日本遺産とは平成27年度からスタートした文化庁ほか国の省庁連携の事業です。2020年の「東京オリンピック」開催までに100件程度の認定をめざす国の制度で、国内外、とくに海外からの観光客誘致を促進するため、地域に残る文化財をツールにしたストーリーを「日本遺産」に認定するというものです。


大山



大山寺本堂



大山牛馬市(昭和6年)