鳥取県版「カイゼン活動」とは?

 近年、行政を取り巻く社会経済状況が大きく変化する中で、行政の果たすべき役割も大きく変化しています。一方で、厳しい財政状況の下で効率的な業務運営を行わなければなりません。
 そんな中、鳥取県においても「サービス水準の維持・拡大」と「筋肉質でスリムな執行体制」という相反する要求に同時に応えなければならず、個々の職員が主体的・継続的に業務改善に取り組むことが必要と考えています。そこで、鳥取県では、「トヨタ生産方式」を参考とした鳥取県版「カイゼン活動」(無理・ムダ追放)を実施しています。