基金概要

中山間ふるさと・水と土保全対策事業(水土基金)

造成期間 

 平成5年度~平成9年度 

造成額

 6.72億円(国3分の1、県3分の2)

造成目的

 中山間地域において、農地や土地改良施設の有する多面的機能の良好な発揮と地域住民活動の活性化を図るため、地域住民活動を推進する人材の育成、施設や農地の利活用及び保全整備等の促進に対する支援を行う。

対象事業

  • 土地改良施設・農地の機能強化・保全に関する調査研究
  • 地域住民活動の活性化などのための研修
  • 保全対策事業の必要性等の啓発 等
<事業実施計画(H27~H31)>
  事業実施計画(水土基金)(PDFファイル 100KB)

中山間ふるさと・水と土保全推進事業(棚田基金)

造成期間 

 平成10年度~平成12年度 

造成額

 4.50億円(国3分の1 県3分の1)

造成目的

 棚田及び周辺土地改良施設の有する多面的機能の良好な発揮と地域住民活動の推進を図り、もって中山間地域の農業・農村の活性化を資することを目的として、都市住民等の活動参加ネットワークの構築・運営、地域住民活動を推進する人材の育成、施設や農地の保全・利活用活動等に対する支援等を行う。

対象事業

  • 都市住民等の保全活動への参加促進・支援
  • 住民組織が行う保全活動の支援
<事業実施計画(H27~H31)>
 事業実施計画(棚田基金)(PDFファイル 93KB)

第三者委員会による事業評価

 基金事業の実施状況については、「鳥取県みんなで取り組む農業農村保全活動推進委員会(通称:第三者委員会)」において毎年報告し、委員からいただいた意見を今後の事業推進や改善につなげていくこととしています。
 第三者委員会の開催状況については、こちらをご覧ください。

基金運用状況

 基金の状況については、こちらをご覧ください 
 (県会計局による基金運用状況へのリンク)