日野振興センター日野振興局のホームページ
<2017年9月>
272829303112
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
1234567

カテゴリー

平成24年6月27日午前11時
カウントスタート!
あなたは469543人目の訪問者です

「しぜんの宝箱」自然保護監視員だより

    清らかな水、深い緑、露に輝く花々…。鳥取県日野郡の自然はまるで宝箱のようです。
 ここには、大山隠岐国立公園、比婆道後帝釈国定公園、奥日野県立自然公園、神戸上県自然環境保全地域があり、とても自然豊かな地域です。また、サクラソウやブッポウソウ等、希少な動植物も多く生息しています。
 自然保護監視員の藤原文子が、活動を通して魅力いっぱいの日野郡の自然を楽しく紹介していきます!
  

自然保護監視員とは

 鳥取県の自然保護監視員は、自然保護行政の適正かつ効率的な実施のため、平成18年9月に設置されました。現在、県内に5名の自然保護監視員が活躍しています。

   どんな仕事をするの?
  • 自然保護思想の普及啓発
  • ホームページ作成等の情報発信
  • 鳥取県自然環境保全条例に係る業務
  • 鳥獣の保護及び狩猟適正化に基づく鳥獣保護員業務
  • 自然公園、希少野生動植物保護に係る業務  など

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
〈参考資料〉

山登り初心者のためのリーフレットを作成しました。ご自由にお使いください。
(A4四つ折り、両面コピー)

「はじめての山登り入門リーフレット」PDF形式(48,641KB)

  

2017年7月7日

山岳救急救命講習会を行いました

 湿度が高く不快な梅雨は、花がきれいな季節でもあります。悪い面ではなく良い面を見つけて、梅雨を楽しみたいですね。

 さて今回は、山岳救急救命講習会の様子を紹介します!

 6月28日、鳥取県西部地域を活動エリアとする自然保護ボランティアを対象に、西部総合事務所と日野振興センターが合同で講習会を開催しました。

 登山や野外活動は楽しい反面、危険と隣り合わせです。ケガや病気になっても、すぐに助けが来るとは限りません。そのため日ごろからの準備や心得、知識の習得がとても重要です。

 今回は米子消防署と鳥取県山岳協会から講師をお招きし、ファーストエイド(止血法、回復体位など心停止以外の一般的な傷病)と登山の心得を、実技を交えて講習していただきました。



 止血方法から始まり、三角巾を使用した足首の固定方法等、教えていただきました。



 登山で使用するストックを使用した骨折時の固定方法や熱中症への対処法等、どれも現場で役に立ちそうです。



 最後に要救助者を搬送する場合のザックとストックを使用した背負子の作成方法を教えていただきました。この方法によると、担がれるほうも担ぐほうも楽なのだそうです。

 一度怖い思いをすれば、無事に下山できたありがたみも感じます。しかし、そのような経験がないと、準備も不十分になりがちです。

 登山や野外活動をされる方は、どんな危険性があるか再確認してみましょう。
 「備えよ、常に!」の精神を忘れず、楽しみましょうね!

日野振興センター 2017/07/07

  

ご意見・お問い合わせ先

西部総合事務所 日野振興センター日野振興局    
〒689-4503  鳥取県日野郡日野町根雨140-1
TEL : 0859(72)2083   FAX : 0859(72)2072   
Eメール :  hino-shinkou@pref.tottori.lg.jp