日野振興センター日野振興局のホームページ

「しぜんの宝箱」自然保護監視員だより

 清らかな水、深い緑、露に輝く花々…。鳥取県日野郡の自然はまるで宝箱のようです。
 ここには、大山隠岐国立公園、比婆道後帝釈国定公園、奥日野県立自然公園、神戸上県自然環境保全地域があり、とても自然豊かな地域です。また、サクラソウやブッポウソウ等、希少な動植物も多く生息しています。
 自然保護監視員の番原昌子が、活動を通して魅力いっぱいの日野郡の自然を楽しく紹介していきます!
  

自然保護監視員とは

 鳥取県の自然保護監視員は、自然保護行政の適正かつ効率的な実施のため、平成18年9月に設置されました。現在、県内に5名の自然保護監視員が活躍しています。

   どんな仕事をするの?
  • 自然保護思想の普及啓発
  • ホームページ作成等の情報発信
  • 鳥取県自然環境保全条例に係る業務
  • 鳥獣の保護及び狩猟適正化に基づく鳥獣保護員業務
  • 自然公園、希少野生動植物保護に係る業務  など

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
〈参考資料〉

山登り初心者のためのリーフレットを作成しました。ご自由にお使いください。
(A4四つ折り、両面コピー)

「はじめての山登り入門リーフレット」PDF形式(48,641KB)

  

2017年6月1日

どっちかな?【モリアオガエル&シュレーゲルアオガエル】

  日野振興センター周辺で、この夏初めてアカショウビンの鳴き声を聞きました。今年も聞けて、とても嬉しいです。

 さて今回は、判定が難しいモリアオガエルとシュレーゲルアオガエルの見分けるポイントを紹介します!

 先日、日南町で鳥獣保護区等の境界を示す制札板の状況確認をしていました。
 山林内の農道をゆっくり車で走っていると、ペトっと何かがフロントガラスに張り付きました。6センチ程度のアオガエルです。



 モリアオガエル?シュレーゲルアオガエル??どちらでしょう。調べてみました。

 モリアオガエルとシュレーゲルアオガエルは、見た目がそっくりなので違いがよくわかりませんが、見分けるポイントがいくつかあるようです。

 その1!皮膚の見た目
 モリアオガエルの皮膚のほうがキメが荒く、赤褐色の斑紋がある個体も多いようです。シュレーゲルアオガエルは乾燥時には、つるっとしていて黄色い斑点が入ることもあるとか。しかしカエルなので、色での判別はあてにならないとの説も…。



 その2!水かき
 モリアオガエルはシュレーゲルアオガエルに比べ、水かきが発達しています。
これは違いがはっきりしているので、比較するとよくわかるようです。
 


 その3!成体の大きさ
 モリアオガエルの成体は、4~8センチ。シュレーゲルアオガエルの成体は3~6センチと言われています。モリアオガエルのほうが角ばった体形のようですが、これも個体差があるようです。



 今回のアオガエルは、どちらであると言い切る自信はありませんが、皮膚の見た目や水かきの様子から、シュレーゲルアオガエルかな、と思っています。
 
 生きたモリアオガエルにまだ出会ったことがないので、期待して調べたのですが、違っていてちょっとがっかり…。

 モリアオガエルとシュレーゲルアオガエルの比較写真が、いつか紹介できるといいですね。

日野振興センター 2017/06/01

  

ご意見・お問い合わせ先

西部総合事務所 日野振興センター日野振興局    
〒689-4503  鳥取県日野郡日野町根雨140-1
TEL : 0859(72)2083   FAX : 0859(72)2072   
Eメール :  hino-shinkou@pref.tottori.lg.jp