臓器移植について

  

臓器移植法が改正され、親族への優先提供が始まりました。

 平成21年7月、臓器移植医療の更なる進展をめざして臓器移植法が改正され、平成22年1月17日から、親族への優先提供が始まりました。また、7月17日からは、本人の意思が不明であっても家族の承諾があれば臓器提供できるようになり、15歳未満の方からの脳死後の臓器提供も可能となりました。

臓器移植法一部改正

【(社)日本臓器移植ネットワークポスター・お知らせ】
ポスター(538KB)
お知らせ(485KB)


改正された臓器移植法は、平成22年1月と7月の2段階に分けて施行されました。

【1月の施行内容】
○親族に対する臓器の優先提供
<改正前>親族への優先提供は当面見合わせる
<改正後>親族への優先提供を認める

親族とは・・・配偶者、子ども及び父母を指します。
※いわゆる事実婚の配偶者や、特別養子縁組以外の縁組みによる養子及び養父母は含まれません。

(親族の優先提供が行われる場合)
・ご本人(15歳以上の方)が臓器を提供する意思表示に併せて、親族への優先提供の意思表示を書面により表示している。
・親族が移植希望登録をしている。
・医学的な条件を満たしている。

(留意事項)
・医学的な条件により、親族への移植が行われないことがあります。
・優先提供する親族を指定(名前を記載)したり、順位をつけた場合は、その方を含めた親族全体への優先提供意思表示として取り扱います。
・「○○さんだけ(親族だけ)にしか提供したくない」という提供先を限定する意思表示があった場合には、親族を含め、臓器提供が行われません。
・親族提供を目的とした自殺を防ぐため、自殺したからの親族への優先提供は行われません。

【7月の施行内容】
○臓器摘出・脳死判定の要件
(臓器摘出について)
・本人の書面による意思表示があって、遺族が拒まないとき又は遺族がないとき
・本人の臓器提供の意思が不明であって、遺族が臓器の摘出について書面により承諾しているとき
○小児の取扱い
・家族の書面による承諾により、15歳未満の方からの脳死下での臓器提供が可能となる。
○被虐待児への対応
○普及・啓発活動等

臓器提供について

 亡くなるとき、病気の人のために自分の臓器の提供をすると、病気の人の機能を失った臓器に置き換えられます。
 臓器を提供したい、あるいはしたくないという意思を臓器提供意思表示カード・被保険者証・運転免許証等に記入しておくと、生前の意思を残すことができます。

臓器提供意思表示の方法について

 臓器提供の意思表示の方法は大きく分けて3つの方法があります。いずれかの方法で書面による意思表示をしておくことが重要です。
 詳細については鳥取県臓器・アイバンクのホームページをご覧ください。

鳥取県臓器・アイバンクとは

 鳥取県臓器・アイバンクは、鳥取県民の方に臓器移植医療を知ってもらい、理解・協力を求めて活動している団体です。臓器提供意思表示カードを配布するイベントを開催したり、一般県民の方の意識や知りたいことを調査したりしています。
 また、様々な会で臓器移植に関するお話をさせていただいて、みなさんに臓器移植に関する情報を発信しています。
 そして、県内の病院で、「臓器提供したい」という方がいらっしゃれば、移植コーディネーターがその意思を汲めるように、移植を待っている人への橋渡し役をします。
  

最後に本ページの担当課    鳥取県福祉保健部 健康医療局 医療政策課
    住所  〒680-8570 鳥取県鳥取市東町1丁目220
    電話  0857-26-71730857-26-7173
         ファクシミリ  0857-21-3048
    E-mail  iryouseisaku@pref.tottori.lg.jp