因伯の名水

とっとり(因伯)の名水ガイドブックを改訂しました!

2013年11月に「とっとり(因伯)の名水ガイドブック」を改訂しました!!

表紙(PDF 2306KB)
はじめに 目次(PDF 4543KB)
地図(PDF 1164KB)
p.6-13(PDF 4095KB) 
…天の真名井、布勢の清水、宇野地蔵ダキ、用呂の清水、本宮の泉、お地蔵さんの水、多鯰ヶ池
p.14-21(PDF 3922KB) 
…千代川、山王滝水域、大山池、大野池、鵜の池、垢離取川、天皇水、赤松の池
p.22-33(PDF 4874KB)
…清水井、金明水、雨滝渓谷、三滝渓、諸鹿渓谷、芦津渓、不動谷川流域、小鹿渓、石霞渓、赤波川渓谷おう穴群、聖滝、日野川源流の水

※訂正
 p.24の右下の地図において2点訂正があります。
 ・国府町総合支所の場所が以前のままになっています。
  正しい所在地は鳥取市国府町宮下1221です。
 ・誤:「捨石発電所」⇒正:「拾石発電所」

とっとり(因伯)の名水

 鳥取県は、清らかな水と緑豊かな自然に恵まれており、古くから人々に親しまれ、大切に引き継がれてきた水環境があります。
 これらの水環境は、私たち県民の生活や農業・水産業・工業などの産業活動を支える重要な水資源であるとともに、地域の歴史や文化を創り出してきました。
 昭和60年には、米子市淀江町「天の真名井」が環境庁の全国の「名水百選」に選定されました。
 これを契機として、昭和60年と平成2年には、本県独自の「とっとり(因伯)の名水」を計21地点選定しました。
 平成20年には、「布勢の清水(鳥取市)」、「宇野地蔵ダキ(湯梨浜町)」及び「地蔵滝の泉(伯耆町)」の3地点が、環境省「平成の名水百選」にも選定されました。
 平成24年には、本県においてこれらの水環境を将来にわたって保全していくため、「とっとりの豊かで良質な地下水の保全及び持続的な利用に関する条例」が制定され、平成25年には「とっとり(因伯)の名水」に6ヶ所を追加選定し、ガイドブック(全28地点)をとりまとめました。
 「とっとり(因伯)の名水」は(1)地域住民により継続して保全されている地域の生活に密着した「暮らしの中の泉」、(2)広く県民が親しめる「ふれあいの水辺」、(3)故事来歴を有する「歴史の水」、(4)特に自然が豊かで希少、特異性のある「ふるさとの渓流・滝」の4分類に区分し、選定、紹介しています。
 より多くのみなさまにこれらの名水を知っていただき、みなさまがその恩恵を享受できる県民共有の貴重な財産である水環境が、損なわれることなく次世代に引き継がれていくことを願っております。

 ※なお、「とっとり(因伯)の名水」は、飲用を保証するものではありませんのでご承知ください。
  

暮らしの中の泉

昔から地域の人々の日常生活に深いかかわりを持ってきた湧水・地下水等で、住民等の保全管理によって大切にされ、現在に引き継がれている良質なもの。

  ■布勢の清水(鳥取市気高町) 
  ■宇野地蔵ダキ(東伯郡湯梨浜町) 
  ■地蔵滝の泉(西伯郡伯耆町)
  ■用呂の清水(八頭郡八頭町)
  ■お地蔵さんの水(鳥取市気高町) 

ふれあいの水辺

きれいな水を有する河川等の水域で、水環境の保全のために社会的な配慮が行われており、広く県民が親しむことができる環境のあるもの。
  
  ■多鯰ヶ池(鳥取市浜坂・福部町)
  ■千代川(用瀬町水域)(鳥取市用瀬町)
  ■山王滝水域(鳥取市佐治町)
  ■大山池(倉吉市関金町)
  ■大野池(西伯郡大山町)
  ■鵜の池(日野郡日野町)

歴史の水

本県の歴史や伝説にふさわしい故事来歴を有するもの。

  ■垢離取川(東伯郡三朝町)
  ■天皇水(東伯郡琴浦町)
  ■赤松の池(西伯郡大山町)
  ■清水井(西伯郡南部町)
  ■金明水(日野郡日南町)
  

ふるさとの渓流

渓流や滝の中でも特に自然豊かで、優良な水環境として後世に引き継いでいきたい希少性、特異性を有するもの。

  ■雨滝渓谷(鳥取市国府町)
  ■三滝渓(鳥取市河原町)
  ■諸鹿渓谷(八頭郡若桜町)
  ■芦津渓(八頭郡智頭町)
  ■不動谷川流域(鳥取市青谷町)
  ■小鹿渓(東伯郡三朝町)
  ■石霞渓(日野郡日南町)
  ■赤波川渓谷おう穴群(鳥取市用瀬町)
  ■聖滝(日野郡日南町)
  ■日野川源流の水(日野郡日南町)