港の歴史

年号

記事

 承応2年
 (1653)
 初代鳥取藩主池田光仲が賀露港(現鳥取港)に川口番所(御船手番所)を設置
 明治23年  西防波堤築造
 明治25年
 賀露港と境港間及び賀露港と但馬津居山港(兵庫県豊岡市)間に定期航路開設。同年小樽航路開設
 明治33年  東防波堤築造
 昭和28年  地方港湾鳥取港に指定
 昭和44年  千代川河口処理・鳥取港整備促進期成同盟会発足
 昭和49年  鳥取県地方港湾審議会設置
 昭和50年  重要港湾鳥取港に指定
 昭和51年  鳥取港港湾計画策定
 昭和52年  運輸省直轄事業により第1防波堤着工
 昭和53年
 鳥取県と建設省との間で千代川河口付替事業の施工 に関する基本協定締結
 昭和54年  鳥取港港湾区域の変更
 昭和55年  千代地区公有水面埋立(第1期計画)免許取得
 昭和58年  建設省直轄事業により千代川河口を付替
 昭和61年

 
 
 千代地区公有水面埋立(第2期計画)免許取得
 千代地区公有水面埋立(第1期計画)完成
 千代地区公共ふ頭一部供用開始
 鳥取港港湾計画改訂
 昭和63年
 千代地区公有水面埋立(第2期計画)部分完成
 鳥取港港湾計画軽易な変更
 平成2年
 千代地区公有水面埋立(第2期計画)完成
 千代地区公共ふ頭供用開始
 平成4年  西浜地区公有水面埋立免許取得
 平成5年  鳥取港港湾計画軽易な変更
 平成7年  25t吊水平引込式ジブクレーン設置
 平成9年
 西浜地区公有水面埋立完成
 鳥取港港湾計画改定
 平成11年
 千代地区ボートパーク供用開始(現賀露地区ボートパーク)
 西浜地区漁港区供用開始
 平成14年  鳥取港臨港地区の変更(漁港区の追加指定)
 平成15年  鳥取港港湾計画軽易な変更
 平成16年
 鳥取・賀露みなとオアシス登録
 千代地区新ボートパーク供用開始(現千代ボートパーク)
 平成19年
 鳥取港港湾計画軽易な変更(防波堤第8の追加指定)
 耐震強化岸壁(3号岸壁)完成