カーボン・オフセットの推進

カーボン・オフセットとは、日常生活や経済活動において避けることができないCO2などの温室効果ガスの排出について、まずできるだけ排出量が減るよう削減努力を行い、どうしても排出される温室効果ガスについて、排出量に見合った温室効果ガスの削減活動に投資すること等により、排出される温室効果ガスを埋め合わせるという考え方です。
  

関西広域カーボン・クレジット社会実験

関西広域連合広域環境保全局(クレジット調査検討作業チーム)及び関西広域カーボン・クレジット推進協議会では、徳島大学大学院の研究協力を得て、「関西広域カーボン・クレジット社会実験」を実施しており、県内においてもカーボン・クレジットラベルの貼付を実施しました。

事業概要(関西広域カーボン・クレジット推進事業専用ウェブサイトにリンクしています)


県内ではイオン鳥取店において実施しました

J-クレジット

J-クレジット制度は、省エネルギー機器の導入や森林経営などの取組による、CO2などの温室効果ガスの排出削減量や吸収量を「クレジット」として国が認証する制度で、環境省・経済産業省・農林水産省により運営されています。

創出されたクレジットは、低炭素社会実行計画の目標達成やカーボン・オフセットなど、さまざまな用途に活用できます。


J-クレジット制度の概要(J-クレジット制度のホームページにリンクしています)

県内のJ-クレジットの取組み(森林・林業総室のページにリンクしています)