鳥取砂丘レンジャー日記

RSS 1.0
2013年12月」で絞込み

2013年12月31日

2013年 大晦日

28、29日とずんずん雪が積もり、今年の年越しはいったいどうなるものかと心配されましたが、心配ご無用の晴天となりました。
まだ多く積雪がありますが、あたたかな日差しが降り注ぐ穏やかな大晦日です。
大晦日の風景 

「雪用の手袋で来てよかったー!」と元気な子どもたちの声が。
『砂丘には雪は降らない』と思っている方も結構いらっしゃるようで、想定外の雪景色に驚かれる方もしばしば。暑い砂漠のイメージですかね?
そんな中、雪用の手袋は大正解!!
子どもたちの様子

子どもたちの様子
今日も雪とたわむれる子どもたちの姿が多くありました。

明日からの正月三が日も晴れ&曇りマークのまずまずのお天気となりそうですよ♪

さて話題を変えて、先日、私は知り合いの方からお写真をいただきました。
そのお方はご夫婦で鳥取砂丘へは何度もお越しいただき、その時の色々なすばらしいお写真を見せていただいております。
今日が最後の日記ですし、是非、ご覧下さい!

「姫路市のご夫婦Тさんからのお写真です。」
・動き出す感動 砂像の衝撃3D映像


・鳥取砂丘イリュージョン 光の祭典




・神秘的な風景 砂簾(されん)


「砂像」「イリュージョン」「砂簾(されん)」と、名前の最後に全部「運(うん)」が
ついているものでした!
☆さすがですね~。(笑) 鳥取砂丘でも、よい運を引き寄せられそうです!
・ありがとうございます!
~青レンジャー~

・本日が2013年最後のレンジャー日記です。
来年も鳥取砂丘の「じぇじぇじぇー( ‘ jjj ’ )」な情報をお伝えできればと思っています。
乞うご期待♪

それではみなさま、よいお年を~!!! (鳥取砂丘レンジャー 一同)

砂丘事務所 2013/12/31

2013年12月29日

銀世界

昨日からの雪で、今日の砂丘は雪に覆われ、一面銀世界。
砂丘の中は50センチの積雪でした。


もう少し早く出勤すれば、足跡の無い雪の世界が見られましたが、すでに数人のカメラマンが砂丘の銀世界を撮影しに来られていました。
綺麗な写真を撮ろうと思えば、やっぱりそれ相当の努力が必要ですね。


西側は誰も足を踏み入れていません。
綺麗な雪景色です。
砂丘西側

オアシスも雪が積もったり、氷が張ってたりしていました。
氷の張ったオアシス


時間が経つにつれて、観光客の方も増えてきました。
人が歩いたところを他の人も歩くので、馬の背までみごと?な道ができています。
砂丘内の様子

馬の背まで続く道




昨夜の吹雪の様子を物語るかのように、調査杭に雪が張り付いていました。
調査杭の雪


(オレンジレンジャー)

砂丘事務所 2013/12/29

2013年12月22日

イリュージョンライブ

鳥取砂丘イリュージョン11も今日を含めてあと4日。

イルミネーションの灯りを更にロマンチックにさせるのが、イリュージョンライブ。

イリュージョン会場の向かいにある「らくだ屋」の2階で、昨日から始まりました。

ギターの音色とボーカルの歌声。


ゴスペルコーラスは綺麗なハーモニーを奏でます。


今回は、岡山からプロのポップスシンガーも出演。


イルミネーションの灯りを眺めながら、綺麗な歌声が聞かれる空間は、それはもう最高ですよ。

イリュージョンライブは24日まで、毎日19時~21時30分です。
毎日5組の出演者が出演し、音楽のジャンルも変わりますので、イリュージョンとライブをセットでお楽しみください。


(オレンジレンジャー)

砂丘事務所 2013/12/22

2013年12月20日

本格的な 冬 到来

今日の天気図は、山陰沖の低気圧が発達しながら進んでおり、暴風雪・波浪警報、大雪・雷・着雪注意報が発表されており、大荒れの空模様です。
砂丘は今朝からの雪で全面雪景色で真っ白の装いとなりました。
時折、吹雪で砂丘入口から馬の背が見えないホワイトアウトの状態となりました。
下の写真はお昼前の晴れ間に撮ったものです。
雪の砂丘

12時で気温1.3℃、積雪4cmでしたが、天気予報では午後から更に積雪が予想されるそうです。
鳥取砂丘にお越しの際は防寒対策を充分に行って下さい。 また、お車で来られるお客様は冬用のタイヤは必須です。

鳥取砂丘の冬の風物詩の一つでもある「俵雪(タワラユキ)」が発生していました、写真をご覧ください。
俵雪
これは、風で飛ばされた小さな雪の塊が急斜面を転がり落ちる時に、雪ダルマの様に段々と大きく成長しならが出来るものです。
この形より、通称「バ-ムクーヘン」とも呼ばれています。
写真の俵雪が本日最大の大きさで直径50cmありました。
皆さんも砂丘に来られたら、風下側の斜面下を探してみて下さい、発見があるかも。

(赤レンジャー)

砂丘事務所 2013/12/20

2013年12月17日

砂のかたち

ここ数日、砂丘は強い風が吹き、馬の背の頂上は景色が変わっています。
少し変わった風景がたくさん見られました。

馬の背頂上を海岸側から眺めるとデコボコしているのがよくわかります。


まるでグランドキャニオンのような谷に見えるもの。
グランドキャニオン

どこかの星に来たような流線型の地面。
流線型

実はこの流線型を横から見ると、どうしてできたのだろうと思う不思議な形が。
穴

この時期は砂柱がよく見られるのですが、砂柱とはちょっと違った形のものも。
とげとげした砂柱

下の砂が飛ばされて、なにかモニュメントが置いてあるような形です。
モニュメント

ちょっと寒かったり、風で砂が飛んで大変かもしれませんが、この時期にしか見られない砂丘を見に来られませんか?


(オレンジレンジャー)

砂丘事務所 2013/12/17