鳥取砂丘レンジャー日記

RSS 1.0
2013年1月」で絞込み

2013年1月25日

荒れました

吹雪に砂嵐、今日の砂丘は荒れ放題。
この荒れっぷりは写真では伝わらないはず。
帽子よし!耳あてよし!マスクよし!ゴーグルよし!
フル装備のレンジャー出動!!
体を張って撮影してきました。
>>午後1時すぎ 風速約18mの砂丘の様子(動画8.1MB)
風の轟音と共にお楽しみください。

砂丘事務所 2013/01/25

2013年1月24日

冬の植物たち

冬の砂丘は、植物たちの葉は枯れ茶色となり、一面が砂だけのように感じます。

緑といえば、オアシス周辺のコウボウシバが少し緑色を残しています。
コウボウシバ

ところが、砂丘の中を歩いていると異変?を発見!
何の花かわかりますか?
ハマベノギク

ハマベノギクの花です。
本来は9月から10月頃に咲くのですが、この寒い1月に咲くなんて。
しかもよく見れば、いくつも咲いていた名残が見られました。
もっと早く気付けば、もっときれいで、複数の花を写真に残せたかも・・・。


他にもないかと見て回ったら、また違うものが。
ウンラン

ちょっとわかりづらいと思いますが、ウンランの芽です。
砂の中から顔を出しているのを見つけました。

雪の下になっても、頑張ってほしいですね!


そして、花ではないですが、空も色鮮やかに。
虹

きれいなものを見ると心が安らぎますね。


(オレンジレンジャー)

砂丘事務所 2013/01/24

2013年1月20日

海岸探索

昨日のリュウグウノツカイがまた見られないだろうかと海岸を探索しました。
結果…そう簡単には見つかりません。

本日の収穫はこちら
ハリセンボン
コロッケサイズのハリセンボンがたくさん打ちあがっていました。

コルクのような樹皮がロープにつながって流れ着いています。
白樺うき1
白樺うき
事務所で調べてみると、「白樺うき」というものらしく、白樺の樹皮が丸くなり、軽いことを利用したうきで、中国やロシア沿岸で使われているようです。

☆黄レンジャー

砂丘事務所 2013/01/20

2013年1月19日

ドキ!ワク!

本日「すべては天候次第!冬の砂丘ドキ!ワク!ツアー」が開催されました。
天気予報には雪マークが出たり、消えたり・・・数日前から当日の天候にドキワク。むかえた今日は比較的おだやかな1日となりました。

一昨年、昨年に続いて講師は自然公園財団鳥取支部の“ジロケン先生”と“あべちゃん先生”。

~ジロケン先生による地形、地質にまつわる解説の様子~
追後スリバチ 砂粒観察
左:追後スリバチにて。傾斜角度を測ったり、きつねの巣を眺めたり。
右:砂粒の感触確かめ中。黒っぽい部分は粒子が細かい!

~あべちゃん先生による動物、植物の解説の様子~
足跡発見 ケカモノハシの根
左:野うさぎの足跡発見。トン(前足)トン(前足)パ(後足)の特徴的な足跡。
右:ケカモノハシの根を観察。砂をわしづかむ長い根はかなり丈夫。

追後ズリバチ、火山灰露出地を通って馬の背へ。
頂上にて 風速測定
すると突然強風&雨の荒れた天気に。頂上では風速11mの風がビュービュー。
天候はどうなってしまうのかとドキドキ。が、一瞬で回復してくれました。

続いてはオアシスへ
オアシスへ 水深測定中
急勾配を一気に駆け降りる~!!ワクワク。
そして毎年恒例となりましたオアシスの水深測定。
水深95cm
「今シーズンは今のところ雪も少なく、かなり浅いだろう」という予想とは裏腹に、水深は95cm。たくさん雪の降った一昨年、昨年よりも深いという結果になりました。不思議です・・・。

そしてツアーの最後に海岸にて超ドキワクな出来事が!!
リュウグウノツカイ
冬はいろいろな漂着物が流れ着くのですが、今日打ち上がったのはなんとビックリ!「リュウグウノツカイ」。体長は3m81cmもありました。
龍宮の使い
深海魚の「リュウグウノツカイ」がなぜ砂丘の海岸に?これまた不思議です・・・。

以上、最後までドキ!ワク!な「冬の砂丘スペシャルドキ!ワク!ツアー」となりました。


砂丘事務所 2013/01/19

2013年1月18日

儚(はかな)くも

昨年この時期の鳥取砂丘は一面雪に覆われていました。
今年は雪が降りません。ちょっと残念です。

今朝は一面うっすらと白くなっていた砂丘。
(その様子は、今朝の様子でご確認を)

午後には、その雪もほとんど消え、いつもの砂丘でした。
午後の砂丘の様子

雪は儚(はかな)いものですね。

それでも、雪がやってくる時間もありました。
海上から雪が迫っているようすがわかりますか?
海上の雪雲

この雪と一緒に突風もやってきました。
馬の背頂上の砂嵐

馬の背の頂上では、すぐ下にあるオアシスがかすんでしまうくらい、いっせいに砂が飛びました。
私も危うく飛ばされそうになりました。

明日は「すべては天候しだい!冬の砂丘ドキ!ワク!ツアー」を開催します。
さて、どんな天気になるのでしょうか?
今日のように砂嵐が舞うのか、静かな砂丘か。
まだ定員に達していませんので、ぜひご参加を!

おまけ
「今朝の様子」にあった足洗い場の氷です。朝はとても寒かったですね。
足洗い場の氷

(オレンジレンジャー)

砂丘事務所 2013/01/18