大気・地球環境室試験検査

原子力施設のモニタリング

島根原子力発電所及び人形峠環境技術センター周辺地域の県民の健康と安全を守るため、環境放射線の監視や環境試料中の放射性物質の測定を行うとともに、緊急時に備え、測定体制の整備や訓練を行っています。

大気汚染状況常時監視

大気汚染防止法第22条(都道府県知事は、大気の汚染の状況を常時監視しなければならない)に基づき、大気の汚染状況を県内6地点で測定・監視しています。

有害大気汚染物質調査

「有害大気汚染物質」は、大気汚染防止法第2条第9項「継続的に摂取される場合には人の健康を損なうおそれがある物質で大気の汚染の原因となるもの」で、硫黄酸化物や塩素などの「ばい煙」と、特定粉じんである「石綿」を除外したもの、と定義されています。衛生環境研究所では、この「有害大気汚染物質」のうち測定法が確立されている21物質について、県内5か所で毎月調査しています。

石綿調査

石綿が使用されている建築物などの石綿除去の工事現場と、一般的な環境(住宅系、商業系地域)において、大気中の石綿の測定を行っています。

航空機騒音調査

鳥取空港周辺3地点(2回/年)、美保飛行場(米子鬼太郎空港)周辺4地点(4回/年)において、航空機騒音調査を行っています。

自動車騒音にかかる面的評価

騒音規制法第18条に基づく、自動車騒音の常時監視結果を用いて、道路に面する個別の住居等に対する騒音レベルの超過割合の評価(面的評価)を行っています。

酸性雨調査

県内2地点において、酸性物質が降水により地面に沈着する「湿性沈着」及びガス状・粒子状で地面に沈着する「乾性沈着」の状況について、降水や大気中のイオン成分等の測定を行い、酸性雨の現況把握を行っています。

放射能水準調査

国からの委託事業である環境放射能水準調査において、空間の放射線量、大気中のちりや降下物中の放射性物質などを測定しています。