第7回大山頂上トイレ汚泥キャリーダウンボランティアについて

 大山隠岐国立公園は、オーバーユースに対する先進的な取り組みが評価され環境省の「国立公園満喫プロジェクト事業」に選定され、山頂避難小屋をはじめ、登山道、トイレ等の改修を行う予定です。
 平成30年の伯耆国「大山開山1300年祭」を前にして、今年は、4年ぶりに大山頂上トイレに堆積した汚泥をふもとまで運びおろす作業「キャリーダウン」を実施することになりましたので、下記のとおりボランティアを募集します。
  

概要

2リットルのボトルに詰め替えたトイレの汚泥を、大山頂上からふもとまで運搬する作業です。

なお、山頂までの往路については、一木一石運動(石や苗木等を持って山頂に登り、侵食溝の穴埋めや緑の復活を行う運動)にも御協力いただく予定です。

募集チラシ(583KB)

実施日

平成29年9月10日(日)

募集期間

平成29年7月14日(金)午前9時から8月15日(火)午後5時まで

参加者数

200人 (先着)

問合せ先

〒683-0054 米子市糀町1丁目160
鳥取県西部総合事務所 生活環境局 生活安全課
電話 0859-31-9320 ファクシミリ 0859-31-9333
Eメールアドレス seibuseikatsukankyo@pref.tottori.jp

注意事項

  • 参加にあたっては、事前に申込みが必要です。(住所、氏名(ふりがな)、電話番号をお知らせください。) 
  • 汚泥ボトルは密閉し消毒済ですが、念のためにボトルを包むビニール袋等をご持参ください。(※ボトルの大きさは、高さ約25センチメートル、直径12センチメートルです。)
  • 登山に適した服装や装備でお越しください。
  • 食事や飲料等は、各自でご用意ください。

※中止の連絡は行いませんが、当日、開催の可否を【0859-31-9320】にて確認いただけます。