検索

もくじ

県のしごと

県の仕事 仕事のすすめ方 県のそしき 予算とつかいみち

鳥取県の姿

鳥取県の位置と自然 鳥取県の産業 県のおいたち 県の文化・伝統 みんなの施設 交流の輪

鳥取県のシンボル

県のシンボル 県のキャラクター

【昔話】長谷寺の絵馬

 昔むかし長谷寺はせでらちかくのお百姓ひゃくしょうさんがんぼにかけてみると、稲穂いなほなにかにらされていました。お百姓ひゃくしょうさんが村人むらびとあつめて調しらべてみたところ、うまのひづめのあとのこっていました。

 そんなことが毎晩まいばんつづき、こまったお百姓ひゃくしょうさんたちがずのばんをしていると、一頭いっとう白馬はくば現れてあらわれてはたけ荒らしあらし長谷寺はせでら山門さんもんなか消えてきえていきました。

和尚と絵馬

 お百姓ひゃくしょうさんたちは長谷寺はせでら絵馬えまかれている白馬はくばおもいだし、長谷寺はせでらのおぼうさんに絵馬えまからうまないようたのみました。おぼうさんは半信半疑はんしんはんぎながらも絵馬えま鼻輪はなわ手綱たづな描いてかいてみたところ、それからは田畑たはたらされることがなくなったということです。

 今いまでも長谷寺はせでらにはこの絵馬えまがかかっています。

絵馬の写真長谷寺の位置

とりっ子通信第19号より