検索

もくじ

県のしごと

県の仕事 仕事のすすめ方 県のそしき 予算とつかいみち

鳥取県の姿

鳥取県の位置と自然 鳥取県の産業 県のおいたち 県の文化・伝統 みんなの施設 交流の輪

鳥取県のシンボル

県のシンボル 県のキャラクター

【昔話】光明寺のカッパ

カッパ

 むかし、日野町黒坂(ひのちょうくろさか)光明寺(こうみょうじ)(ちか)くの「カワコふち」にカッパが()んでいました。このカッパは、とてもいたずら()きで、すぐそばの(みち)(とお)(ひと)(うま)をときどき(かわ)(なか)()きずりこんではおもしろがっていました。

岩に掘られたカッパ

 カッパのいたずらがあんまりひどいので、和尚(おしょう)さんは、「おめえはいつも(わる)さして、今日(きょう)という今日(きょう)はゆるさん!」とついに(おこ)りました。カッパは「もう(わる)いことはしません。どうかこらえてください」と()いてあやまりました。和尚(おしょう)さんは、「では、わしがおまえの姿(すがた)をあの(いわ)にほっておく。それが()えてなくなるまではぜったいにふちから()てきたらいけんぞ」と()いました。カッパは仕方(しかた)なく(あたま)をさげおとなしくしていましたが、ある(ばん)、こっそり(いわ)登り(のぼり)自分(じぶん)姿(すがた)をけそうとしました。しかし、(いわ)にほったものが簡単(かんたん)にきえるわけがありません。とうとうカッパはあきらめて、どこか(とお)くに()げていきました。

 このカッパの姿(すがた)をきざんだ(いわ)(いま)でも(のこ)っており、「カワコ岩(かわこいわ)」と()ばれています。

カワコ・・・カッパの(べつ)()びかた黒坂の位置

とりっ子通信第17号より