建物のバリアフリー化と補助制度

バリアフリー化推進のための施策

 私たちの住む鳥取県には、四季折々の豊かな自然、歴史と文化の薫り高い風土があります。
 私たちは、この自然、風土に囲まれながら、長い年月を経て、細やかなこころづかいと勤勉な県民性を培ってきました。
 この美しい郷土鳥取で、私たち1人ひとりが社会の一員として、自立し、尊重され、生きがいを持ちながら生活できる社会は、県民すべての願いです。
 このような社会を実現するためには、高齢者、障がい者、妊産婦等を取り巻く様々な障壁を除去することによって、だれもが、自らの意思で行動でき、社会、経済、文化その他のあらゆる分野の活動に参加することができるまちづくりを推進することが重要です。
 福祉のまちづくりとは、こういった社会の構築を目指し、県、市町村、事業者、県民がそれぞれの責務を果たしながら、協力し合い、環境整備を推し進めていく営みです。

 県では、バリアフリー法と鳥取県福祉のまちづくり条例により建築物のバリアフリー化を進めています。
  

鳥取県福祉のまちづくり条例

  • 鳥取県福祉のまちづくり条例の概要
    こちらのページで条例について紹介しています。
  • 平成20年全部改正前の「鳥取県福祉のまちづくり条例」の情報について(県福祉保健課ホームページはこちらから)
    ※平成20年10月1日よりも前に着工した建物については改正前の条例が適用になります。

補助制度

※以下2つの補助制度は、どちらも県と市町村が連携して実施しています。補助金の対象となる建築物が立地する市町村で、補助金の制度が設けられていない場合は、補助金をご利用していただく事ができません。

■福祉のまちづくり推進事業補助金 (PDF)
 民間の特定建築物(学校、劇場、観覧場、集会場、展示場、百貨店、ホテル、事務所、共同住宅、その他の多数の者が利用する建築物)のバリアフリー化を支援するため、バリアフリー法、及び鳥取県福祉のまちづくり条例による整備基準に基づいて整備を行う場合等に、その整備費の一部を補助します。
補助金チラシ(Wordファイル916キロバイト) ※A3両面印刷2つ折りでご使用ください
補助金チラシ(PDFファイル388キロバイト) ※A3両面印刷2つ折りでご使用ください

■バリアフリー環境整備促進事業補助金(PDF)
 高齢者や障がい者等が円滑に利用できる優良な民間建築物の建築を促進するため、バリアフリー法に定められている建築物移動等円滑化誘導基準を充たしている建築物(認定建築物)の整備費の一部を補助します。
  

バリアフリーマップ

 高齢者や障がい者等の社会参加の一助として、県内公共的施設を中心としたバリアフリー施設情報を掲載しています。

  ■鳥取県バリアフリーマップへ

問い合わせ窓口

■バリアフリー法・条例の手続きについては、県内の特定行政庁の他、県内外の指定確認検査機関へお問い合わせください。
 ・県内の特定行政庁
 ・鳥取県を業務区域とする主な指定確認検査機関

  

お問い合わせ先

当課の業務及び当ホームページに関するお問い合わせにつきましては、下記問い合わせ先までお問い合わせ下さい。

【電話番号】
(1)県営住宅に関すること
  住まいまちづくり課 管理担当 0857-26-7411
(2)宅地建物取引業法に関すること
  住まいまちづくり課 管理担当 0857-26-7411
(3)とっとり住まいる支援事業に関すること
  住まいまちづくり課 企画担当 0857-26-7408
(4)建築基準法、建築士法に関すること
  住まいまちづくり課景観・建築指導室 建築指導担当 0857-26-7391
(5)福祉のまちづくり条例に関すること
  住まいまちづくり課景観・建築指導室 建築指導担当 0857-26-7391  
(6)屋外広告物等に関すること
  住まいまちづくり課景観・建築指導室 景観づくり担当 0857-26-7363
(7)開発行為等の許可に関すること
  住まいまちづくり課景観・建築指導室 景観づくり担当 0857-26-7371
【ファクシミリ】
 住まいまちづくり課共通 0857-26-8113