検索

もくじ

県のしごと

県の仕事 仕事のすすめ方 県のそしき 予算とつかいみち

鳥取県の姿

鳥取県の位置と自然 鳥取県の産業 県のおいたち 県の文化・伝統 みんなの施設 交流の輪

鳥取県のシンボル

県のシンボル 県のキャラクター

【伝説】羽衣天女伝説

羽衣はごろも天女てんにょ伝説でんせつ

 ひとりの百姓ひゃくしょうが、山腹さんぷくいしうえうつくしくかんばしいころもいてあるのをつけました。さらによくると、そばのながれで、わかうつくしい女性じょせいみずびているではありませんか。「天女てんにょにちがいない」いしうえころもは、てん羽衣はごろもということになる。百姓ひゃくしょうはその羽衣はごろもぬすみました。
 天女てんにょ羽衣はごろもがないので天上てんじょうかえることができず、百姓ひゃくしょうつまになりました。数年すうねんたち、二人ふたりどももできました。天女てんにょは、どもに羽衣はごろものありかをたずねました。どもは、父親ちちおやかくしていた羽衣はごろもを、母親ははおやわたしました。。

天女と子ども達

 天女てんにょは、まさにもてんにものぼるよろこびで、羽衣はごろもけると、天上てんじょうかえってしまったのです。二人ふたりどもは、ははしたってきました。ははきだった音楽おんがくで、ははびもどそうとかんがえました。

 ちかくのやまのぼり、太鼓たいこふえ演奏えんそうしました。-天女てんにょころもいていたやま羽衣石山うえしやま、また、どもたちが一生懸命いっしょうけんめいおおつづみふえきならしたやま打吹山うつぶきやまといいます。 打吹山の位置

とりっ子通信第14号より