検索

もくじ

県のしごと

県の仕事 仕事のすすめ方 県のそしき 予算とつかいみち

鳥取県の姿

鳥取県の位置と自然 鳥取県の産業 県のおいたち 県の文化・伝統 みんなの施設 交流の輪

鳥取県のシンボル

県のシンボル 県のキャラクター

【伝説】鷲峰山と大山の背比べ

鷲峰山(じゅうぼうさん)大山(だいせん)背比(せいくら)

 全国(ぜんこく)神様(かみさま)たちが出雲(いずも)での行事(ぎょうじ)()わった(かえ)(みち)鷲峰山(じゅうぼうさん)大山(だいせん)神様(かみさま)(たが)いに自分(じぶん)(ほう)()(たか)いと()(あらそ)いになり、()(くら)()ったそうです。
 その結果(けっか)鷲峰山(じゅうぼうさん)()ちましたが、(くや)しかった大山(だいせん)神様(かみさま)杓子(しゃくし)(あたま)をすくいとりました。()いかけてくる鷲峰山(じゅうぼうさん)神様(かみさま)(おどろ)(あわ)てて()げようとした途端(とたん)杓子(しゃくし)についていた(つち)()ち、鳥取市青谷町(とっとりしあおやちょう)の建山になりました。鷲峰山(じゅうぼうさん)(かみ)が「(つち)はもうないのか」と怒鳴(どな)ると、大山(だいせん)(かみ)(そで)()って()せました。そのとき、(つち)がどさっと()北栄町(ほくえいちょう)の袖振山になったそうです。
鷲峰山位置