検索

もくじ

県のしごと

県の仕事 仕事のすすめ方 県のそしき 予算とつかいみち

鳥取県の姿

鳥取県の位置と自然 鳥取県の産業 県のおいたち 県の文化・伝統 みんなの施設 交流の輪

鳥取県のシンボル

県のシンボル 県のキャラクター

【民話】湖山長者

湖山こやま長者ちょうじゃ

 むかし。因幡いなば一円いちえんとみしあわせを一身いっしんあつめた長者ちょうじゃに、湖山こやま長者ちょうじゃがいました。

 長者ちょうじゃ所有しょゆうするんぼは、せんへクタールにもおよぶといいますから、おどろきです。このとしも、ちかくの老若男女ろうにゃくなんにょをかきあつめて田植たうえをしました。だい動員どういんです。

 ひるすぎ、おやザルがザルをさかさまに背負せおって、あぜみちでたわむれはじめました。田植たうえのやすめ、ひとびとは大笑おおわらい。このハプニングのため、作業さぎょうおくれてしまい、がつくと、太陽たいよう西にししずもうとしているではありませんか。例年れいねん長者ちょうじゃ田植たうえは一日ついにちえるきまりがありました。

湖山長者の画

 長者ちょうじゃきんおうぎすと、たか殿どのにあがり、太陽たいよう三度さんどまねきました。「太陽たいようよ、もどれ!」すると、いまにもしずろうとしていた太陽たいようが、あともどりしはじめたのです。ひるのようにあかるくなりました。田植たうえは、無事ぶじわりました。

 あくるにち自慢じまんんぼをようとたか殿どのにあがった長者ちょうじゃは、びっくりしました。きのうえたはずの早苗さなえせ、青々あおあおとしたみずがさざなみっていたのです。それがいまの、湖山こやまいけです。

湖山池の位置

とりっ子通信第13号より